【F1】アロンソ、追加のPU交換で30グリッド降格ペナルティへ

マクラーレンのアロンソは、さらなるパワーユニット交換を決断し、30グリッド降格ペナルティを受けることになりそうだ。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、ホンダがさらに多くのパワーユニットのコンポーネント交換を決断することで、F1イギリスGPで大量のグリッド降格ペナルティを受け、決勝レースを最後尾からスタートすることになりそうだ。

 アロンソは土曜日のフリー走行3回目に先立って、6基目のエンジン(ICE)、8基目のターボチャージャー(TC)、8基目のMGU-H、6基目のMGU-Kを投入することになりそうだ。この結果、アロンソは追加で25グリッドの降格ペナルティが科せられることになるとみられる。

 アロンソは初日の走行開始を前に、5基目のエナジーストア(回生エネルギー用のバッテリー)を投入したことで5グリッド降格がすでに決まっている。つまりこの5グリッドを合わせて、合計30グリッドの降格ペナルティを受けることになる。

 今回投入されるMGU-Hは、従来仕様のモノなのか、それともアロンソがオーストリアGPで見舞われたトラブルへの対処が行われたものなのかは、現時点では分かっていない。

 ホンダは、先週末のオーストリアGP終了後、さくらの研究所に問題のコンポーネントを送って対策を講じてきた。しかし、イギリスGPはオーストリアGPと連戦であるため、時間との勝負に直面していた。

 だが結局は、ホンダはシルバーストンでペナルティを受けることを決断したようだ。なぜなら次戦ハンガリーGPは、そのサーキット特性から、より良い結果が期待される場所であるからだ。

 アロンソがイギリスGPのフリー走行2回目を、首位から1.742秒遅れの9番手、チームメイトのストフェル・バンドーンは、そこから0.5秒遅れの16番手だった。

【関連ニュース】

アロンソ、イギリスGPで”スペック3”PU使用もペナルティ不可避?

ブリアトーレ「アロンソ残留にはマクラーレンの”改革”が必要だ」

フェラーリ会長、アロンソの古巣復帰には『興味なし』と宣告済

追突されリタイアのアロンソ「僕には何もできなかった」

ホンダ、アロンソへの”スペック3”新品投入タイミングを検討

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース