【F1】アロンソ「2017年はホンダではなくマクラーレンのエアロ次第」

50,302 見る

フェルナンド・アロンソは、今年のホンダ製パワーユニットが良くなると確信しているが、マクラーレンの空力には”疑問符”がついていると考えている。

 2015年にマクラーレンとホンダの伝説的なパートナーシップが復活した。しかしホンダがライバルのパワーユニットマニュファクチャラーに対して遅れをとってしまったために、ここ2年間のマクラーレンはパフォーマンス面で苦しんでいた。

 ところがマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、2017年のチームのパフォーマンスはパワーユニットの出力よりも、レギュレーションが大きく変わった空力をチームがどれだけ理解できるかにかかっていると考えている。

「最高出力を誇る、メルセデスに追いつくのは難しいだろう。それはわかっている。僕たち(ホンダ)だけではなく、みんなにとって難しい」とアロンソは語った。

「しかし僕たちは彼らと戦えるところまでは、近づけると思う」

「僕たちが到達したいと考えているパワーまでは、100%達成できると自信を持っている。しかし、空力に関してはもっと疑問符がつく」

 2014年にハイブリッド&ターボのパワーユニットが導入されてから、3年間ほぼレギュレーションが変わっていなかったが、今季からは空力に関するレギュレーションが大きく変わるため、F1の勢力図がシャッフルされる可能性がある。アロンソは、いくつかのチームは新しいデザインの、”より良い解釈”を素早く理解するだろうと考えている。

「新しいルールは各チームにとって幸運にも不運にもなる」とアロンソは語った。

「それは各チームがルールをどう解釈するかによるし、マシンの哲学がどうなるかによる」

「シーズンの開幕時点で、方向性を間違ってしまう可能性がある。4、5レース戦ってから、空力のパッケージの方向性を転換する必要があるかもしれない」

「最初から正しい仕事をしているチームの一員であることを願っている」

やる気に溢れているアロンソ

 アロンソは、勢力図が一変する可能性があることと、2015年から2016年にかけてマクラーレンとホンダが改善したことで、今シーズンの彼のモチベーションは高くなっていると語った。

「2015年のモチベーションは、最終戦を終えて2015年を忘れることだった」と彼は認めた。

「2016年は違う。2017年への期待が高まっているから、モチベーションが高かった」

「ルールの変更は、序列に変化を起こすだろう。2016年にホンダが果たした進歩は非常に明確だし、2017年についても同様に自信を持っている」

「3月のオーストラリアを楽しみにしている。以前は『オーストラリアですべてが変わっていることを願う』という感じで、変えなければならないことがたくさんあった」

「今年は、希望がより現実的であり、いくつかの問題を修正すればいいだけだ。そのため、僕はやる気に溢れている」

Ian Parkes/Matt Beer

【関連ニュース】

 【F1】マクラーレンCEO「アロンソは世界最高。バンドーンは”本物”」

 【F1分析】新規則で増すパワーユニットの負荷。救世主は燃料とオイル!?

【F1】マクラーレンの2017年用マシンは2月24日に発表予定

【F1】マクラーレンCEO「2017年の目標が4位だったら失望的だ」

【F1】マクラーレン「今年は去年までのコーナーが”ストレート”になる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース