【F1】イルモア代表が語るF1の”未来”。2021年のエンジンはどうなる?

シェア
コメント
【F1】イルモア代表が語るF1の”未来”。2021年のエンジンはどうなる?
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2017/07/27 0:42

イルモア代表のマリオ・イリエンは、2021年の規則に合致したエンジンをイルモアが製造するのは、開発コストの問題が解決した場合のみだという。

Adrian Newey, Red Bull Racing Chief Technical Officer with Mario Illien, Ilmor Engine Designer
(L to R): Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal with Mario Illien, Ilmor Engineering Co-Founder
Mario Illien, Ilmor Engineering Co-Founder
J.J. Lehto, Sauber C12 Ilmor
Christian Klien, Mario Illien
Mario Illien
Gerhard Berger, McLaren MP4/6 Honda, Alain Prost, Ferrari 643, Mauricio Gugelmin, Leyton House CG911 Ilmor, Stefano Modena, Tyrrell 020 Honda and a super sparking Nelson Piquet, Benetton B191 Ford, at the start
The power unit of the Mercedes AMG F1 W06
McLaren MCL32 rear detail
Mercedes AMG F1 W08 rear detail
Red Bull Racing RB13 rear detail

 F1のスポーティング・マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、独立系のサプライヤーがF1に参入してくることを望んでいる。マクラーレンやレッドブルといった将来の選択肢を模索しているチームは、彼らの参入を助長する存在となるだろう。

 メルセデスのエンジン開発を行うメルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンスエンジンの元代表であり、その前身であるイルモアの創業者のひとりでもあるマリオ・イリエンは、コンサルタントとして現在のパワーユニットのテクノロジーにも触れており、将来のエンジンフォーマットについて議論されたFIAのミーティングにも出席した人物だ。

 今のところ、次世代F1エンジンはツインターボV6+KERS(運動エネルギー回生システム)が最も有力とされている組み合わせだが、さらなる研究も始まっている。

「明らかに、独立系マニュファクチャラーが参入してくる可能性がある」と、イリエンはmotorsport.comに語った。

「それが私がミーティングに出席した理由のひとつだ。独立系のメーカーにとって正しい方向に向かっているかどうか見るためにね」

「次世代のF1エンジンは大幅に単純化されるだろうし、多くのコストカットをしなければならない。そしてレースをより良くし、サウンドを良いモノにすることも目指す必要がある。標準的なターボエンジンについて言うなら、確かに多くのコストが削減できるだろう」

 イリエンは、新しくメーカーが参入してくるためには、コストの引き下げは必須だと断言している。

「それ(コスト削減)は、独立系メーカーにチャンスをもたらすために必要なことだ。初期コストだけでなく、開発コストの削減も必要だ」

「どんなメーカーも開発し進歩していくと思うが、大規模な開発で得られるゲインが比較的小さいモノであるように、ルールを定めていくべきだ」

 また彼は、1シーズンあたりに使用できるエンジン基数を制限することで、逆に開発コストが増加するとも考えている。

「それは対処すべき問題だと思う。4基のパワーユニットを製造する今年よりも、3基のパワーユニットを製造する来年の方が高くつくだろう」

「開発している新しいパーツはすべて、ベンチでのテストを経なければならないし、年に3基のパワーユニットで走りきれるようにしなくてはならない。それは非常にお金がかかる」

「私は4基でさえ十分ではないと思っている。今シーズンは半分が終わったところだが、グリッドの半分が問題を抱えている」

 コスト削減が可能となってもイルモアは資金調達が不十分であるため、1つか2つのチームとの取引のみに基づいて、イルモアの名前でエンジンを供給することはないとイリエンは語った。

「誰かが初期開発コストの資金を調達しなければならないため、(供給したいとは)思わないだろう。カスタマーにとってもそれはおそらく正しい方法ではないし、それを支払うことはないだろう」

「おそらく、メーカーのサポートが必要だ。しかしレッドブルをみると、彼らはタグ・ホイヤーとの契約を持っている。だから、それが自動車メーカーである必要はないんだ」

 イリエンは、乗用車との関連性からあまりにも離れすぎているとして2014年に導入された現在の”パワーユニット”を使用するF1は、間違いだったと示唆している。

「私は、乗用車との関連性がそれほど重要だとは思っていない。私の立場から言えば、我々は”再び”レースをするべきなんだ。ある程度は乗用車に利益をもたらすこともあるが、その関連性は二次的であるべきだと思う。もし、F1がとても退屈だから誰も見なくなるのでは、意味がない」

「MGU-Hは非常に高価な要素のひとつだ。極端に考えれば、我々はNA(自然吸気)エンジンとKERSの時代まで戻る必要があるかもしれない。それが検討されているとは思わないが、観客たちがそれが好きだと確信している」

「特に、世界中でハイブリッドと電気自動車が増えているので、我々はレーストラックに、誰も家に持っていないようなものを持ち込まなければならない」

 またイリエンは、2021年に向けてエンジンノイズを大きく”改善”するという取り組みは容易ではないことを認めている。

「それは難しい問題だ。なぜなら、エンジンを効率的に作れば作るほど、生じるノイズは小さくなるからだ。それについては、少し妥協しなければならないと私は思っている。ただ、MGU-Hを取り外すのは助けになる。ターボのブースト圧も問題になるだろう。排気でタービンを回し、エネルギーを取り出せば取り出すほど騒音は小さくなるからだ」

【関連ニュース】

アストンマーチン、新F1エンジンに”方向性が合えば”興味アリ

メルセデス、音が大きい”最新式”エンジンの採用を希望か?

レッドブル、2021年以降のエンジンの方向性次第で撤退を示唆

ウルフ「F1新エンジンへの議論は、正しい方向に進んでいる」

ジャン・トッド「V8やV10エンジンは社会が受け入れない」

次の F1 ニュース
【F1】ピレリ、ライコネンのタイヤ問題は”外部からの衝撃”原因と断定

前の記事

【F1】ピレリ、ライコネンのタイヤ問題は”外部からの衝撃”原因と断定

次の記事

【F1】マクラーレン、欧州F3参戦のノリスをインシーズンテストに起用

【F1】マクラーレン、欧州F3参戦のノリスをインシーズンテストに起用
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース