【F1】ウイリアムズ、フェラーリの元空力部門トップの起用を発表

ウイリアムズはフェラーリの元チーフエアロダイナミキストであるディルク・デ・ビアを起用したことを発表した。

 今週の木曜日、ウイリアムズはフェラーリの元チーフエアロダイナミキストであったディルク・デ・ビアを起用したことを発表した。デ・ビアは、エアロダイナミクスの新たなトップとして就任し、3月1日よりウイリアムズで仕事を開始する。

 これまでデ・ビアは、ザウバーとロータスを渡り歩き、2013年よりフェラーリのチーフエアロダイナミキストを務めてきた経歴がある。彼は、昨年起きたフェラーリの空力部門の再編でその役職から離れ、今回ウイリアムズに加入するまで別の役に就いていた。

「ウイリアムズに加入できて本当に嬉しく感じている」とデ・ビアは語った。

「ウイリアムズはF1において素晴らしい歴史を持っており、その一環になれることを誇りに思っている」

「デイブ・ウィーター(エアロパフォーマンスチーフ)とウイリアムズのエアロチームと協力し、シーズン中やその後も、ウイリアムズを発展させることを楽しみにしている」

 チーム副代表であるクレア・ウイリアムズは次のように歓迎している。

「我々はディルクのような経験豊富な人物を迎え入れることができて本当に嬉しく思っています」

「数年間、チーフエアロダイナミキストとして培ってきた彼の知識や技術的なノウハウは、間違いなくウイリアムズを向上させる大きな資産になることでしょう」

【関連ニュース】

【F1】パディ・ロウ、3月からウイリアムズの技術部門トップ就任へ

【F1】ウイリアムズ、元マクラーレンマネージャーと現場の体制再編へ

【F1】フェラーリ「アリソンの代わりを雇うつもりはない」

【F1】マルキオンネ、フェラーリの弱点は「空力開発に開いた大きな穴」

【F1】メルセデス、ジェームス・アリソンの加入を表明

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース
タグ dirk de beer