【F1】ウイリアムズ、ストロール躍進に感銘「誰かと比べる必要ない」

アゼルバイジャンGPで初表彰台を獲得したストロール。ウイリアムズのパディ・ロウは、フェルスタッペンと彼の比較は終わりだと語った。

 カナダGPを9位で終え、初ポイントを獲得したウイリアムズのランス・ストロールは、その2週間後のアゼルバイジャンGPでチームメイトのフェリペ・マッサを予選で上回り、荒れたレースを生き残って3位表彰台を獲得した。

 ストロールはまだ若干18歳。レッドブルのマックス・フェルスタッペンと同世代だ。フェルスタッペンは彼と同じく18歳で初表彰台、それも優勝を経験している。

 フェルスタッペンは17歳の時にトロロッソでF1デビューを果たすと、すぐさま印象的な走りを見せた。翌シーズン途中でレッドブルに”昇格”すると、その初戦のスペインGPで初優勝を果たした。

 一方で、ストロールはデビューシーズン序盤は苦戦。開幕6レースの内4レースでリタイアと厳しい結果となっていたが、8レース目のアゼルバイジャンGPで3位となり、10代でF1の表彰台に上がった2人目のドライバーとなった。

 ストロールの表彰台獲得は18歳239日。フェルスタッペンのスペインGP優勝時はそれよりも12日早い18歳227日だったが、それは彼が出走24レース目の出来事だった。

 ウイリアムズのテクニカルチーフであるパディ・ロウは、ストロールがフェルスタッペンよりも早く表彰台を獲得できたことで、自信を得られたかどうか問われると「私は、我々がそういったことを考えないで済むように願っている」と答えた。

「ランスは、参考のために外部を見る必要などない。彼に必要なのは、自分自身を見つめることで、自分の成果に満足していればいいのだ」

 ロウは、ストロールがアゼルバイジャンGPの週末にしたすべての仕事を賞賛し、初ポイントを獲得したカナダで感じた自信が、その助けになったと考えている。

「それは真の躍進だ」とロウは語った。

「彼はF1に来たばかりだ。レースは完璧だった。でもそれは決勝だけではなく、週末を通してパーフェクトだったんだ」

「毎セッション、彼はマシンを完全にコントロールしていたし、素晴らしいペースで走ると同時に、十分なマージンも持っていた。金曜日(のフリー走行)を振り返ってみれば、イエローの原因を作らなかったドライバーはわずか3人だったはずだ。そのうちのひとりが、彼だ」

「ルーキーとして、彼がかなり良いペースを発揮していたことは印象的だった。カナダGPの後も同じことを感じたのを覚えている。あれが本当のターニングポイントだったと思う」

「日曜日の朝、多くの人々が私に、彼のカナダでのパフォーマンスと前日の予選のことを言ってきた。ランスがあのレベルで決勝を戦っているのを見て、彼らはどれだけ満足したことだろう」

 トップのダニエル・リカルド(レッドブル)を追いかけ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が猛然と追い上げてきても平静を保ったストロールのレース終盤の走りが、特に印象的だったとロウは語った。

「ミスを犯してはならないし、大きなプレッシャーがかかる瞬間だった」とロウはコメントした。

「最後の10周は予選ラップのようだったと、ランスは表現した」

「彼はマシンを滑らせなかったし、すべてのラップが非常に良いペースだった。私はそれがマシンの持つ本来のペースだったと思うし、(3位表彰台は)ドライバーとともに立ちたいと思っていた場所だ」

【関連ニュース】

ビルヌーブ「ストロールはよくやったが、批判は撤回しない」

初表彰台のストロール「批判はただの"雑音"。気にしたことない」

ストロールの好調の秘密はシーズン中の"テスト"のおかげ

ウイリアムズ「ストロールの9位は”勝利”に値する」

マッサ「ストロールとの関係は”シューマッハー時代”のようだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ランス ストロール
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース