【F1】ウイリアムズ、合同テスト最終日の走行を断念

ウイリアムズは、バルセロナで行われる第1回シーズン前テストの最終日の走行を断念することを発表した。

 ウイリアムズは、バルセロナで行われる第1回シーズン前テストの最終日の走行を断念することを発表した。

 3日目の午後にターン5の出口でクラッシュを喫したウイリアムズのランス・ストロールは、マシンのフロントサスペンションとノーズを破損した。

 チームは最終日に行われる予定のウエットテストのために、マシンを修理できると期待していたが、マシンを検査したところ、クラッシュによるダメージは車体まで及んでいたことが判明した。

 ウイリアムズは次のように声明している。

「精密な検査の結果、(ストロールが走行した)FW40には車体の損傷がいくつかあると判明した」

「安全上の理由で、ウイリアムズは最終日の走行を行わないと決定した。また当初の計画通り、ウイリアムズは今日(最終日)の午後に2台目のシャシーを用意し、3月7日より開催される2回のシーズン前テストに向けて準備を行う予定だ」

 最終日はフェリペ・マッサがウエットテストを実行する予定だった。しかし走行できないことになったウイリアムズは、今季より投入された幅広のレインタイヤのデータを収集することができず、シーズンを迎える可能性がある。

【関連ニュース】

【F1】ストロールがクラッシュ。ウイリアムズ最終日の走行に黄信号

【F1】ベッテル、ピレリのウェットタイヤテストでクラッシュ喫す

【F1】ピレリ「F1が望むタイヤを用意した。退屈になっても責任はない」

【F1】ピレリ、”万が一”に備えて従来に近いバックアップタイヤ用意

【F1】合同テスト3日目総合:アロンソ、トラブルフリー。ボッタス首位

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Barcelona pre-season testing I
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー フェリペ マッサ , ランス ストロール
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース