【F1】ウイリアムズ、2017年用マシンFW40の画像を公開

ウイリアムズは、2017年用のF1マシンFW40のイメージを、他チームに先駆けて公開した。

 ウイリアムズF1チームは、2017年マシンの画像を初公開した。今シーズンのF1マシンの姿が明らかにされたのは、これが最初である。

 メルセデスとフェラーリ、レッドブルがピレリタイヤのテスト用に用意した2015年マシンの改造車や、先月解散したマノーの2017年用マシンの風洞モデルなどから、2017年マシンの姿は予想されていた。

 ウイリアムズが公開した2017年マシンの画像を見ると、2016年マシンと比べてリヤウイングに最も顕著な違いが見られる。リヤウイングは低く、幅広になることが決まっているが、ウイリアムズのリヤウイングはエンドプレート下部が内側に絞られている。フェラーリがピレリのタイヤテストを行う際に、2015年マシンに取り付けていたリヤウイングによく似たモノだ。

Williams FW40
Williams FW40

Photo by: Williams

 マシンの前方を見ると、2014年から多くのマシンで見られた、ノーズ中央の一部が出っ張った突起状のデザインが踏襲されている。ウイリアムズは、2015~2016年に使用していたこのノーズのデザインを引き続き使用するようだ。

 ウイリアムズはルーキーのランス・ストロールと、チームのために引退撤回を決意したフェリペ・マッサのコンビと、このマシンで2017年のF1を戦っていくことになる。

【関連ニュース】

【F1】トリック・サスペンションの合法性、FIAが見解発表へ

【F1分析】マノー2017年仕様マシン詳細解説。新規則の傾向が見える!?

【F1分析】5秒速い2017年F1。ブレーキへの負荷も25%アップ?

【F1】FIA、2017年F1マシンに対応した安全対策をサーキットに要求

【F1】マクラーレン、”MP4”の使用を終了。新車名は”MCL32”

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース