【F1】ウェーバー、フェルスタッペンの成績不振の原因について言及

マーク・ウェーバーは、マックス・フェルスタッペンのレースへのアプローチが、レッドブルにプレッシャーをかけていると主張している。

 元レッドブルF1ドライバーのマーク・ウェーバーは、オーストリアGPでレッドブルのシーズン前半について評価した。

 まず彼はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がオーストリアGPの金曜日と土曜日で、”ほとんど走行できていない”ことを指摘した。

 またレッドブルのパフォーマンスが不振であることと、チームメイトのダニエル・リカルドとフェルスタッペンのポイント差が開いていることに対し、レース中のミスではなく”マシントラブル”が原因であるとウェーバーは認めている。

「今季、レッドブルのドライバーたちはうまくレースできている。しかし、マックスは週末を通してレースへの準備があまりできていないと思う」

「金曜日と土曜日で彼はほとんど走行できていない。それがマシンを準備するメカニックのプレッシャーとなっているのだ。もう少し走行しておくべきだと私は思うが、彼は限界までプッシュしている」

「そしてそのまま日曜日を迎える。彼が全くミスを犯さなくとも、マシンは信頼性のトラブルを抱え、ポイントを獲得できたであろうレースでリタイアを喫している。彼にはそれが受け入れ難いんだろう」

 さらにウェーバーはリカルドについて言及した。彼はリカルドに対し、F1において最も信頼できるドライバーであると評価し、不十分なレッドブルのパッケージを最大限に活用することができていると語っている。

「ダニエルのレースはとても手堅いものだ。毎週末を見ていれば理解できると思うが、彼はF1において最も信頼のできるドライバーだ」

「彼はチームから与えられたものを最大限に活用している。彼にそれ以上何ができたのかを言うことは難しい」

「今季我々は、このマシンに対し素晴らしい成果を期待していたが、それは裏切られた。それでも可能な限り成長してきた。レッドブルはどのチームよりも速いマシンを作る必要があるのだ」

予選ベストはハミルトン、アロンソは最高のレーサー

 ウェーバーは、レッドブルのドライバーの評価だけでなく、メルセデスのルイス・ハミルトンがアイルトン・セナの予選記録を超えたことに対し次のように評している。

「今季は彼とセバスチャン・ベッテルのふたりが素晴らしいバトルを繰り広げている。特に予選のルイスは強力だ」

「彼はセナの記録を破ったのだ。土曜日の予選において特別な存在だろう」

 さらにウェーバーはマクラーレンのフェルナンド・アロンソについて、”最高のレーサー”であると語った。

「F1においてとても残念なのは、ホンダとマクラーレンだ」

「彼らは強引にフェルナンドを獲得し、エンジンが火を吹くのを待った。しかし何も起きなかった」

「24ヵ月もの間、彼は言いたいことを言わずに堪えてきたし、あれ以上のレースをすることはできない。彼は未だ良いレーサーであり続けている。日曜日において彼は世界最高のドライバーだ。(今の状況は)少しイライラさせられる」

【関連ニュース】

レッドブル、前半戦の出遅れを認めるも、”打倒フェラーリ”を掲げる

レッドブル、上位を争うために”Q3用エンジンモード”を希望

フェルスタッペン「長期契約を結ぶかどうかはマシンの競争力次第

リカルド、接触のフェルスタッペンを”未熟者”と酷評

ホンダ、イルモアと提携で前進? マクラーレンとの契約も継続か

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Mark Webber , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース