【F1】ウェーバー、リカルドに助言「冷静でいればマックスに勝てる」

マーク・ウェーバーは、リカルドが冷静さを保つことができれば、チームメイトのフェルスタッペンに勝てるだろうと考えている。

 元F1ドライバーのマーク・ウェーバーは、同じオーストラリア出身のダニエル・リカルド(レッドブル)が冷静さを保つことができれば、これまでのキャリアを活かして、チームメイトのマックス・フェルスタッペンを上回ることができるだろうと考えている。

 日曜日にバサースト12時間レースを訪れたウェーバーは、リカルドは今年の新しく、よりアグレッシブなレギュレーションを利用して、チームメイトのフェルスタッペンを上回ることができるだろうと語った。

 昨年はドライバーズランキング3位でシーズンを終えたリカルドだが、彼はこれまで109レースに出場している。一方、昨年の5月にレッドブルへ移籍したフェルスタッペンの出場数はまだ40レースだ。

 今シーズンのレッドブルのチーム内バトルについての考えを尋ねられたウェーバーは、「昨年のシーズン終盤のように、タイトになるだろう」と話した。

「ダニエルは変わらず冷静でいると思う。もちろん経験は彼にとって非常に役に立つだろうし、特にチャンピオンシップの序盤においてはそうだ」

「これまでも何度かレギュレーション変更があったが、彼はV8時代のトロロッソやヒスパニアのマシンなど様々なマシンをドライブしてきた。これは彼のアドバンテージだ」

「だから良いバトルになるだろう。しかし、冷静でいられるということが、ダニエルにとって大いにプラスに作用する。それでいて彼はとてもやる気に満ち溢れているし、週末をまとめられるだろう」

「マックスは信じられないような才能を持っているけど、まだ学習しているところだ」

メルセデスに勝つチャンスはある

 またウェーバーは、ここ3年はメルセデスのパワーユニットの独壇場だったが、今年はレッドブルがタイトルを獲得するチャンスが大いにあると考えている。

「冬の間のレッドブルは静かだったけど、すごく力をつけているはずだ」

「誰が新しいレギュレーションを紐解くか、という部分が大きい。ただ伝統的に、エイドリアン(ニューウェイ/レッドブルのテクニカルチーフオフィサー)がこれに関しては長けている」

「昨年は非常に早い段階でメルセデスがコンストラクターズ選手権を終わらせたから、他のチームよりも今年のプログラムに多くのリソースを費やすことができた」

「彼らはとても強いパワーユニットを持っていた。それが最大の強みだ」

「作戦的には、昨年のレッドブルはベストなチームだった。信頼性の面でもそうだった。メルセデスにはテクニカル面で多少問題があった」

「もし互角の勝負になれば、レッドブルが有利だろうね」

Additional reporting by Andrew van Leeuwen

【関連ニュース】

【F1】リカルド「新マシン対策のトレーニングを楽しみにしている」

【F1】リカルド、契約延長で自信「レッドブルでタイトルを獲りたい」

【F1】リカルド「フェルスタッペンとの関係は良好。今後も継続する」

【F1】期待の来季を前に冷静なリカルド「騙されちゃいけない。来年もメルセデスは強い」

【ル・マン24時間】ウェーバー、2017年グランドマーシャルを担当

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , Mark Webber , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース