【F1】ウェーレイン、テスト参加許可でザウバーの新車初ドライブへ

3月7日から2回目のバルセロナ公開テストが始まるが、負傷していたパスカル・ウェーレインは、ザウバーC36の初ドライブをすることができそうだ。

 負傷していたザウバーのパスカル・ウェーレインは、7日から始まる2回目のバルセロナテストで、ニューマシンC36の初ドライブをすることができそうだ。

 ウェーレインは、1月にマイアミで行われたレース・オブ・チャンピオンズで大クラッシュを喫し、負傷。新車C36のシェイクダウンを兼ねたフィルミングデー及び、先週行われたバルセロナテストでマシンをドライブすることができなかった。

 日曜日、彼はジムから『すぐに戻ってこれるように努力している』と写真付きでツイートしていた。

 そのウェーレインは今週コックピットに戻ることができると、関係者がmotorsport.comに明かした。

 先週行われた1回目のバルセロナテストでは、フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが彼の代役を務め、良い印象を周囲に与えていた。

 今シーズンのマシンはダウンフォースが増えたことでコーナリングスピードが上がっており、肉体にかかる負荷も高い。ニューマシンをドライブしたウェーレインに問題が発生した場合に備え、ジョビナッツィは引き続きチームに帯同することになっている。

【関連ニュース】

【F1】バンドーン「2017年、首への”負荷”は大きな課題」

【ROC】大クラッシュのウェーレイン「マッサのマシンを見すぎた」

【ROC】ウェーレインの国別対抗戦欠場理由は”ドクターストップ”

【F1】パーマー「冬にジムをサボっていたドライバーはすぐに”バレる”」

【GP2,F1】ジョビナッツィ、フェラーリのリザーブ起用が決定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー パスカル ウェーレイン
チーム ザウバー
記事タイプ 速報ニュース