【F1】オフシーズンテスト全日程終了。最速はフェラーリ&ライコネン

キミ・ライコネンは、最終日に赤旗の原因になったものの、このオフシーズン最速タイムを記録してテストの全日程を終えた。

 フェラーリのキミ・ライコネンが、このオフシーズンのテスト最終日に最速タイムを記録した。このタイムは、この冬通じてのベストタイムともなった。

 第2回バルセロナ合同テスト最終日は、過去3日間と同様、午後セッションは各車ともにロングラン中心のプログラムとなり、午前中のタイムを更新するマシンはほとんどなかった。そのため、午前中にスーパーソフトタイヤを履き、1分18秒634を記録したライコネンが、この日の最速ドライバーとなった。このライコネンのタイムは、この冬全体を通しての最速ラップともなった。

 しかしライコネンは、シケイン手前でストップしてしまい、午後最初の赤旗の原因となった。マシンはこの周回の序盤にトラブルの兆候を見せており、ピットまでたどり着くことができなかった。

 ライコネンは残り15分というところでコースに復帰。午前中との合計で111周を走破した。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンがこの日の2位。ライコネンと同じスーパーソフトタイヤを履いてのアタックだったものの、0.804秒の差をつけられた。トロロッソのカルロス・サインツJr.は、午前中のセッション終盤にウルトラソフトタイヤを履いてアタック。1.2秒差の3番手である。

 4番手と5番手にはメルセデスのふたりが続いた。上位に来たのは新加入のバルテリ・ボッタスで、午前中の1分19秒845を記録した。午後にはルイス・ハミルトンがドライビングを引き継いだ。ふたりの差はわずか0.005秒だったが、ボッタスはスーパーソフト、ハミルトンはウルトラソフトを履いてのベストタイムだった。

 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とセルジオ・ペレス(フォースインディア)は午前中のタイムで6位と7位に入り、ヒュルケンベルグのチームメイトであるジョリオン・パーマーが8位に入った。

 今季ウイリアムズからデビューするランス・ストロールは132周を走り、9番手になった。ハースのロマン・グロージャンは午前中に2度の赤旗の原因になったものの、10番手タイムを記録した。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソも、電気系のトラブルにより、午前中に2度の赤旗を出した。アロンソは午後にはペースを上げ、1分21秒389を記録。しかしマクラーレンは、この日最少となる43周しか走ることができなかった。

 ザウバーのマーカス・エリクソンとパスカル・ウェーレインが、12位と13位になった。

 これでこのオフシーズンテストの全日程が終了。各チームは2週間後の開幕戦オーストラリアGPに向け、最終準備を進めていくことになる。

【関連ニュース】

【F1】テスト最終日午前:ライコネン18秒台。アロンソまたもトラブル

【F1】ボッタス「開幕戦に向けて新たなアップデートを投入する」

【F1】メルセデス、”マイナス2秒”を目指したアップデートが機能せず

【F1】ベッテル、最速タイム記録も”対メルセデス”には慎重な姿勢

二輪と四輪で世界王者になったサーティース亡くなる。享年83

F1バルセロナ合同テスト最終日総合結果:

 DriverTeamTimeGapTyreLaps
1  キミ・ライコネン フェラーリ 1:18.634   111
2  マックス・フェルスタッペン

レッドブル

1:19.438 0.804 71
3  カルロス・サインツJr. トロロッソ 1:19.837 1.203 132
4  バルテリ・ボッタス メルセデス 1:19.845 1.211 53
5  ルイス・ハミルトン

メルセデス

1:19.850 1.216 54
6  ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:19.885 1.251 45
7  セルジオ・ペレス フォースインディア 1:20.116 1.482 128
8  ジョリオン・パーマー ルノー 1:20.205 1.571 43
9  ランス・ストロール ウイリアムズ 1:20.335 1.701 132
10  ロマン・グロージャン ハース 1:21.110 2.476 76
11  フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1:21.389 2.755 43
12  マーカス・エリクソン ザウバー 1:21.670 3.036 59
13  パスカル・ウェーレイン ザウバー 1:23.527 4.893 42
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Barcelona pre-season testing II
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
記事タイプ テストレポート