【F1】オーストラリアGP FP2:ハミルトン首位堅持。0.5秒差でベッテル

オーストラリアGPフリー走行2回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 3月24日金曜日13時(日本時間14時)に行われたオーストラリアGPフリー走行2回目(FP2)で、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 FP2は、午前中よりも気温が上昇し、曇りながら気温24度、路面温度31度のドライコンディションの中で行われた。

 まずコースインしたのは、スーパーソフトタイヤを装着したハースのロマン・グロージャンだった。マクラーレンのストフェル・バンドーンもそれに続いてコースインするが、チームメイトのフェルナンド・アロンソは、ピットで作業を行なっていたため、出遅れることとなった。

 セッション開始20分後、ハミルトンがソフトタイヤで1分25秒283を記録した。その後、フェラーリのキミ・ライコネンがスーパーソフトタイヤで、1分25秒087のトップタイムを更新した。

 さらにハミルトンは1分25秒096をマークし、スーパーソフトタイヤのライコネンから0.06秒差につけた。

 その後、ライコネンのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルが、スーパーソフトタイヤで1分24秒926を記録。セッション序盤はフェラーリがワン・ツーを占めた。

 セッション開始から24分後、最終コーナーでジョリオン・パーマー(ルノー)がクラッシュ。最終コーナー中ほどでスピンを喫したパーマーは、アウト側のタイヤバリアへリヤから衝突した。その勢いのまま、フロント側も損傷を受け、フロントウイングが半分が脱落してしまった。タイヤバリアに弾かれたパーマーのマシンはコース中央付近に停車してしまったため、赤旗。セッションはここで一時中断となった。

 マシンと破片を取り除き、セッション再開。赤旗解除から5分後、ウイリアムズのフェリペ・マッサがターン9でマシントラブルを感知し、コース横にストップしてしまう。マッサのトラブルの原因は不明だが、怪訝そうな表情でガレージに戻った。

 セッション開始50分後、メルセデスとフェラーリはウルトラソフトタイヤを装着し、アタックを開始した。ベッテルが1分24秒167を記録した後、ハミルトンがそれを0.5秒上回り1分23秒620をマーク。ボッタスは、ベッテルの0.009秒差で3番手につけた。

 セッション残り40分というところで、レッドブル勢もウルトラソフトタイヤを装着。ダニエル・リカルドが1分24秒650、マックス・フェルスタッペンが1分25秒013で5-6位につけた。

 アロンソはセッション残り30分というところで1分26秒000を記録。12番手につけた。トップとの差は大きいとはいえ、ここまではトラブルもなく、順調に推移している。

 セッション終盤は、多くのマシンがロングランに取り組み、タイヤの評価などを行った。

 セッション残り10分で、ピットレーンの入り口のポラードが最終コーナーに飛散。ベッテルらは無線でそれを訴えた。このため一時イエローフラッグが出されたが、回収されることはなかった。

 またセッション残り5分という時点で、ザウバーのマーカス・エリクソンがターン6でスピンを喫し、アウト側のグラベルへ放り出された。マシンが撤去されるまで、バーチャルセーフティカーが宣言された。

 結局、FP2もハミルトンがFP1引き続きトップタイムを記録。2番手にはベッテルがつけた。そのベッテルに僅差の3番手でボッタス、4番手はライコネンと、メルセデスとフェラーリがトップ4を占める。5番手6番手にリカルドとフェルスタッペンがつけ、トロロッソのカルロス・サインツjr.は、フェルスタッペンの0.071秒差で7番手。8番手にはブレーキの不調で時折コースオフしていたグロージャンがつけた。その0.042秒差で9番手のルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、10番手はダニール・クビアト(トロロッソ)である。

 多くのマシンがクラッシュやマシントラブルで脱落していく中、アロンソは19周、バンドーンは33周を走破。信頼性の問題は解決しつつあるように見える。

 2017年F1オーストラリアGPのフリー走行3回目は、明日11時(日本時間12時)より行われる。

【関連ニュース】

【F1】オーストラリアGP:FP2速報。ハミルトンが連続トップタイム

【F1】オーストラリアGP FP1:メルセデス、USタイヤでトップ独占

【F1】ホンダ長谷川氏「不満を言われないエンジンを作るしかない」

【F1】アロンソ、チームの反応の悪さに苛立ち。「慈善事業じゃない!」

【F1】”バトル”を望むハミルトン「レッドブルのアップデートが楽しみ」

F1 2017 オーストラリアGP フリー走行2回目結果

ClaドライバーChassisエンジンLaps時間ギャップインターバルkm/h
1 44  united_kingdom  ルイス ハミルトン  Mercedes Mercedes 34 1'23.620     228.304
2 germany  セバスチャン ベッテル  Ferrari Ferrari 35 1'24.167 0.547 0.547 226.820
3 77  finland  バルテリ ボッタス  Mercedes Mercedes 34 1'24.176 0.556 0.009 226.796
4 finland  キミ ライコネン  Ferrari Ferrari 30 1'24.525 0.905 0.349 225.859
5 australia  ダニエル リカルド  Red Bull TAG 27 1'24.650 1.030 0.125 225.526
6 33  netherlands  マックス フェルスタッペン  Red Bull TAG 8 1'25.013 1.393 0.363 224.563
7 55  spain  カルロス サインツ Jr.  Toro Rosso Renault 34 1'25.084 1.464 0.071 224.375
8 france  ロマン グロージャン  Haas Ferrari 29 1'25.436 1.816 0.352 223.451
9 27  germany  ニコ ヒュルケンベルグ  Renault Renault 36 1'25.478 1.858 0.042 223.341
10 26  russia  ダニール クビアト  Toro Rosso Renault 39 1'25.493 1.873 0.015 223.302
11 11  mexico  セルジオ ペレス  Force India Mercedes 35 1'25.591 1.971 0.098 223.046
12 14  spain  フェルナンド アロンソ  McLaren Honda 19 1'26.000 2.380 0.409 221.986
13 31  france  エステバン オコン  Force India Mercedes 37 1'26.145 2.525 0.145 221.612
14 19  brazil  フェリペ マッサ  Williams Mercedes 6 1'26.331 2.711 0.186 221.134
15 sweden  マーカス エリクソン  Sauber Ferrari 29 1'26.498 2.878 0.167 220.707
16 18  canada  ランス ストロール  Williams Mercedes 27 1'26.525 2.905 0.027 220.639
17 belgium  ストフェル バンドーン  McLaren Honda 33 1'26.608 2.988 0.083 220.427
18 94  germany  パスカル ウェーレイン  Sauber Ferrari 30 1'26.919 3.299 0.311 219.638
19 20  denmark  ケビン マグヌッセン  Haas Ferrari 8 1'27.279 3.659 0.360 218.733
20 30  united_kingdom  ジョリオン パーマー  Renault Renault 4 1'27.549 3.929 0.270 218.058
 
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ フリー走行レポート