F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

【F1】オーストリアGP、チェッカーフラッグは来場したファンが担当

今週末に行われるオーストリアGPでは、ファンにチェッカーフラッグを担当する権利与えられるなど、豪華な催しが企画されている。

【F1】オーストリアGP、チェッカーフラッグは来場したファンが担当

 2017年F1は、各グランプリでファンを盛り上げるためのアイデアをいくつか実行しているが、今週末に行われるオーストリアGPでも、豪華な催しが予定されている。

 そのひとつとして、ファン3名にF1のセーフティカーのドライバーであるベルント・マイランダーによる同乗走行を抽選でプレゼントし、さらにファン参加型のイベントの景品には、チェッカーフラッグを担当する権利などがある。

 会場ではコンサートやF1レッドカーペットなどのイベントが復活し、木曜日入場チケットを所有するファンは、その日ドライバーやチーム関係者に会うチャンスを得ることができる。

 オーストリアGPでは大人同伴であれば、14歳未満は無料で入場が可能であり、またレース主催者は来場している22名の若いファンを募り、日曜日の朝に行われるドライバーズパレードのエスコートキッズに任命する予定だという。

 また今回特別に催されるデモンストレーションパレードでは、1999年式BMW V12 LMRや最新のアウディR18 V6を含む計9台のル・マン参戦車が走行する。それらのハンドルを握るのは、元F1ドライバーであるジャン・アレジやゲルハルト・ベルガー、マーク・ウェーバーなど豪華な面々だ。

 さらにオーストリア出身、レッドブルモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコもパレードに参加するという。マルコは、1971年ル・マン24時間レースでポルシェ917Kをドライブし優勝を飾った。実車は現在運転できる状態にないが、F1ファンゾーンで終日展示される予定だ。その代わりにマルコは1970年代のポルシェ917Kをドライブする。

 ハンス-ヨアシム・シュトゥックは1987年式ポルシェ962c、アレジは1969年式フェラーリ512S、さらにベルガーはBMW V12 LMRをそれぞれ担当する予定だ。

 【関連ニュース】

 【F1スペインGP】ファン満足度向上のため参加型イベントを実施

F1のCEO「SNS規制緩和は成功。スペインGPでは新たな施策を」

リバティ「F1運営ビジネスはこれまで以上のチャレンジだ」

年間レース数増加を目指すF1。CEO「アジアは重要な市場」

マクラーレン、ファンとの交流を図る新コンテンツを発表

シェア
コメント
【F1】ルノー、”作業手順”の見直しで信頼性の向上を目指す

前の記事

【F1】ルノー、”作業手順”の見直しで信頼性の向上を目指す

次の記事

【F1】ホンダ、オーストリアで”スペック3”エンジンを正式に供給開始

【F1】ホンダ、オーストリアで”スペック3”エンジンを正式に供給開始
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ロケーション レッドブルリンク
執筆者 Jonathan Noble