F1、グリッド形式の変更を検討? ”eスポーツ”を用いて新案を評価中

F1上層部はグリッドの形式を変更することを検討しており、そのシミュレーションをeスポーツを用いて行うようだ。

 かつてウイリアムズでチーフテクニカルオフィサーを務めていたパット・シモンズは、F1はグリッドのフォーメーションを変更する案を、eスポーツを使って評価していることを明かした。

 シモンズは昨年、F1の将来的な方向性を明確にする業務の手助けを行うため、モータースポーツ・マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンの下に設置された専門家のチームに加入していた。

 MIAエンターテインメント&エナジー-エフィシエント・モータースポーツ・カンファレンスに出席したシモンズは、eスポーツを使用してレギュレーション変更の可能性やその有効性を評価しているところだと話した。

「いくつかのレギュレーションをテストするため、我々はバーチャル環境を使用することに力を入れている」

「そこで我々にできることは、統計値を確認することだ」

「それのおかげで、他の簡単な方法ではシミュレーションできないことを行うチャンスを得ることができる」

「我々が考えてきたことを例に挙げよう。何年もの間、F1のスターティンググリッドはマシンが互い違いに配置されてきた」

「この問題のひとつは、最速のマシンをグリッド上に並ばせるだけでなく、他のマシンと距離を離しているということだ」

「かつては2台が並んでスタートしていたことがある。また確かモンツァでのレースだったと思うが、フロントロウに4台のマシンが並んでいたのも写真で見たことがある」

「もし我々がもう一度これを行ったら何が起こるだろうか? 簡単にシミュレーションできることではない。我々はeスポーツグループを訪ね、”見てくれ。グリッドの形式を変えよう。20レースでこれを実施しよう”と言うだろう」

「彼らが300kmのレースをする必要はない。我々は最初の3周に関心があるのだ。そこで何が起きるのかを知りたい。よりエキサイティングなオープニングラップを見ることになるのだろうか? あるいはターン1での重大な接触が起こるのだろうか?」

「これを行い統計的に考慮することによって、我々はこれらのことを理解し始めることになる。また根拠に基づく決定を下すことができ、その主張を他人に説明できるようになる」

 またシモンズは、2016年シーズンの序盤に予選方式が変更されたが、すぐに元の方式に戻された件について、ファンやパドック内部からの批判があったことを引き合いに出した。

「中には数年前の出来事を覚えている人もいるだろう。今やF1にいない人たちが予選手順を変えるのに良いアイデアだろうと判断し、それを実行したのだ」

「だが全くシミュレーションをしていなかった」

「数人の人々はこれを見て、完全な失敗だろうと考えたし、実際に確かにそうだった。しかしそれにもかかわらず彼らはそれを実行し、大惨事となった」

「そのようなことが起きたらどうなる? 我々はそれを繰り返すことはできない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース