【F1】グロージャン、"コイントス"に負けて初日は新パーツを使用できず

グロージャンは、スペインGPに持ち込むアップデートパーツの使用を、土曜日まで待つことになってしまった。

 ハースのロマン・グロージャンは、コイントスの賭けに負けたため、今週末持ち込む新しいパーツの使用を土曜日まで待たなくてはいけなくなった。

 スペインGPでは、ほとんどすべてのチームが重要なエアロダイナミクスのアップデートを持ち込むことになっており、ハースも新たなフロアを導入することになっている。

 しかしハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、シャシー開発のパートナーであるダラーラの予期せぬ"製造の遅延"により、スペインGPの金曜日には、この新しいフロアをひとつしか用意することができなかったことを明かした。

 ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは、ふたりともこれまで4ポイント獲得しており、ドライバーズランキングで並んでいる。そのため、どちらのドライバーが金曜日にアップデートパーツを使用するかをコイントスで決めたところ、グロージャンが負けてしまった。

 そのグロージャンは、「残念ながら、僕はそのパーツを土曜日まで使えないんだ。これは理想的な状況じゃない」と話した。

「今使えるアップデートパーツはひとつしかないから、僕は使えないんだ。それがコイントスというものだからね……これに関してはついてなかった」

「マシンが大きく変わるというのに、それがどうなるか明日までわからないなんて、理想的ではない。問題は、新しいパッケージでマシンをセットアップすることだ」

 シュタイナーはmotorsport.comに対し、以下のように話した。

「本来はふたりのドライバーにパーツを用意すべきだった。しかしふたつ目の製造が遅れているので、現時点では(どちらのドライバーが新しいパーツを使用するのかという)選択をしなくてはならなかった。公平な方法はこれしかなかった」

「なぜふたつ目の製造が遅れているのかはわからない。ふたつ揃って使いたかったので、とてもいらいらしている」

 またシュタイナーは、グロージャンは金曜日に新しいフロアを使わずに走行することになるが、それもアップグレードを評価するのに役立つだろうと語った。

「彼はマシンをドライブできるのだから、完全に(マグヌッセンと)異なるのではない」

「二通りのマシンを比較できるのも良いことだ。どちらが適しているのかを見ることができる」

「これは過去最大のアップデートだ。我々は大きな飛躍をしたいと思っている。しかし現実的には、全員がアップデートをするので、状況は今と似た様なものになるだろう」

ソチでの苦戦の責任を負うグロージャン

 前回のロシアGPでは、グロージャンは週末を通してスピードに苦労し、予選ではQ1で敗退。決勝では1コーナーでジョリオン・パーマー(ルノー)とクラッシュしてしまい、彼にとって恐ろしい週末となってしまった。

 このクラッシュに関して、どちらのドライバーもペナルティを受けることはなかったが、グロージャンは、このクラッシュについてパーマーと話し合っても意味がないと話した。

 しかし彼は、パフォーマンスが悪かったことについては全て彼に責任があるという。

「僕は満足にドライブできなかった。だからあの週末の責任を負うよ」

「いくつかのことが悪い方向へ向かっていった。FP1から十分に対応できなくて、セットアップも悪いものになってしまった」

「自分たちがどうすべきかということを十分に考えることができなくて、道を外れてしまった。グリップも低くて、それにも悩まされた。マシンが全く僕に合わなかった」

「こうなってしまった背景には、僕たちが間違った決定を下してしまったことがある。それを正しい方向に向けるために、最初から考え直す必要がある」

【関連ニュース】

【F1】ハース、スペインGPではブレンボ製のブレーキを使用へ

【F1】メルセデス、スペインGPに大規模なアップデートを投入

【F1】DAZNのスペインGP配信スケジュールが決定

【F1スペインGP】ファン満足度向上のため参加型イベントを実施

【F1】パーマー、接触のグロージャンに「もっと”頭”を使ってくれ!」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ケビン マグヌッセン , ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース