【F1】コックピット保護システム"シールド"、英国GPで初テスト

FIAは、『ハロ』に変わるコックピット保護システム"シールド"のデザインをいくつか完成させ、そのうちの1アイデアをイギリスGPでテストする。

 これまでの数カ月間、FIAはコックピット保護システム『ハロ』に代わる案として”シールド”を導入する計画を進めてきており、もともと9月のモンツァでその正式なテストが行われるとみられていた。

 しかし、新しい保護システムの計画は想定よりも捗ったため、早速シルバーストンのFP1でドライバーによるトラックテストが予定されている。テストはまずフェラーリが実施するという。

 コックピットから、ノーズに向かって透明のスクリーンが伸びている形の”シールド”は、ハロにおける課題のひとつであったデザイン性を向上させ、より魅力的なものにした。いくつかのバージョンが用意されているというが、FIAから発表されたのは本稿に掲載のイラストのみである。

 透明スクリーンは、イタリアの Isoclima社より提供されている。 Isoclima社は、これまでもいくつかのレーシングシリーズの向けの製品を開発してきている。

 いずれにしても、来年よりチームは何らかのコックピット保護システムを投入することになり、シールドが採用されなかった場合、ハロを導入が決まるということになる。

【関連ニュース】

コックピット保護システム、ハロを廃止し”シールド”を採用か?

新たな保護デバイス”シールド”登場。マッサ「安全面のみを考慮するべき」

FIA、頭部保護の新デバイスを提案も、ドライバー賛成できず

戦慄のアロンソ大クラッシュ、ハロがあったらどうなっていた?

マグヌッセンの火事でハロの問題点が浮き彫りに。「ハロがあったら……」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース