F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

【F1】コックピット保護システム"シールド"、英国GPで初テスト

FIAは、『ハロ』に変わるコックピット保護システム"シールド"のデザインをいくつか完成させ、そのうちの1アイデアをイギリスGPでテストする。

【F1】コックピット保護システム"シールド"、英国GPで初テスト

 これまでの数カ月間、FIAはコックピット保護システム『ハロ』に代わる案として”シールド”を導入する計画を進めてきており、もともと9月のモンツァでその正式なテストが行われるとみられていた。

 しかし、新しい保護システムの計画は想定よりも捗ったため、早速シルバーストンのFP1でドライバーによるトラックテストが予定されている。テストはまずフェラーリが実施するという。

 コックピットから、ノーズに向かって透明のスクリーンが伸びている形の”シールド”は、ハロにおける課題のひとつであったデザイン性を向上させ、より魅力的なものにした。いくつかのバージョンが用意されているというが、FIAから発表されたのは本稿に掲載のイラストのみである。

 透明スクリーンは、イタリアの Isoclima社より提供されている。 Isoclima社は、これまでもいくつかのレーシングシリーズの向けの製品を開発してきている。

 いずれにしても、来年よりチームは何らかのコックピット保護システムを投入することになり、シールドが採用されなかった場合、ハロを導入が決まるということになる。

【関連ニュース】

コックピット保護システム、ハロを廃止し”シールド”を採用か?

新たな保護デバイス”シールド”登場。マッサ「安全面のみを考慮するべき」

FIA、頭部保護の新デバイスを提案も、ドライバー賛成できず

戦慄のアロンソ大クラッシュ、ハロがあったらどうなっていた?

マグヌッセンの火事でハロの問題点が浮き彫りに。「ハロがあったら……」

シェア
コメント
【F1】アロンソ「”普通に”Q3が近づいた。非常にポジティブだ!」

前の記事

【F1】アロンソ「”普通に”Q3が近づいた。非常にポジティブだ!」

次の記事

【F1】ライコネン「もっと酷い結果だったかもしれない。3番手に満足」

【F1】ライコネン「もっと酷い結果だったかもしれない。3番手に満足」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble