【F1】サインツ、型落ちPU使用のザウバーを抜けず「絶望的な状況だ」

トロロッソのカルロス・サインツJr.は、スペインGPで型落ちのフェラーリ製PUを使用するザウバーを抜くことができず、「絶望的な状況」だと語った。

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、スペインGPの決勝で、1年落ちのフェラーリ製パワーユニット(PU)を使用するザウバーをオーバーテイクできなかったのは、『絶望的な状況だ』と語った。

 トロロッソは、昨年まで1年落ちのフェラーリ製PUを使っていたが、今年は最新型のルノー製PUを使用している。しかしながらスペインGPの決勝後半、サインツはザウバーのパスカル・ウェーレインに抑えられてしまった。

 サインツは、ウェーレインよりも1周新しいミディアムタイヤで走行。レースの最後まで彼を攻略することができなかったが、ウェーレインがピットインする際に違反を犯したため、5秒のタイムペナルティを科せられていたことで、サインツはポジションをひとつ上げて7位でフィニッシュした。

「今回、初めてザウバーとバトルをした。今の僕たちのマシンよりもストレートで2016年型のフェラーリ・エンジンが速いなんて、ちょっと絶望的な状況だ」

「僕は彼を追い抜くために全力を尽くした。ターン1で横に並ぶことはできたが、彼は常にイン側のラインを守っていた」

「ここ(バルセロナ)では追い抜きが難しいけど、彼はイン側のラインをカバーするために、良い仕事をしていた」

ホンダの競争力に驚いたクビアト

 トロロッソのダニール・クビアトは、レースの大部分で最新のフェラーリ製PUを搭載するハース勢と戦い、最終的にその2台の前でレースを終えることができた。彼はルノーのPUについて、次のように語った。

「最強のエンジンだとは思わない。それはメルセデスやフェラーリだし、そのあとにルノーとおそらくホンダがいる」

「今日は、(マクラーレン・ホンダのフェルナンド)アロンソとレースをした。僕と比べて彼らは競争力があり、実際にストレートで強かった。確実に、僕たちはまだビハインドだ」

 型落ちのフェラーリ製PUにルノー製PUが劣っているという、サインツの評価に同意するかどうか問われると、クビアトは「それは……カルロスに聞いてくれ。僕は2017年型のフェラーリ製PUを積むハースの後ろにいた。パスするのが簡単じゃなくて、コーナーで抜かなきゃならなかったんだ」と語った。

0.3秒のゲインが”全て”を変える

 信頼性に懸念があるため、ルノーは次期エンジンアップグレードを遅らせる予定であるが、サインツはPUによるコンマ数秒の進歩が、大きな差を生むと考えている。

「もう少しパワーが必要だ。昨日(予選)はあと0.2秒速ければ7番手だった。もしルノーがあと0.3秒をもたらしてくれれば、突然全てが変わるだろう」

「僕たちにはそのステップが必要で、それにはもう3レース分時間がかかる。だから、耐える必要がある。今持っているモノから全てを引き出し続けるんだ」

「予選では、僕たちは望んでいるような位置にいない。だけど、レースではどんどん良くなっている。毎レースのように予選での結果を挽回しようとしているが、これが1年続かないように願っている」

【関連ニュース】

【F1】スペインGP決勝:ハミルトン、逆転で2勝目。ベッテル及ばず

【F1】ハミルトン、ベッテルとの戦いを楽しむ。「これこそがレース!」

【F1】ライコネンとフェルスタッペン、ターン1でのボッタスを非難

【F1】バンドーン「アロンソのあのラップは”神秘的”なんかじゃない」

【F1】ホンダ長谷川氏「昨日と比べ、今日は少しホッとした」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ 速報ニュース