【F1】サインツJr.、肉体強化のため「人生で一番厳しい冬」を過ごす

カルロス・サインツJr.は、新しいF1に必要な肉体を手に入れるため、「人生で最も厳しい冬」を過ごしていると語る。

 2017年のF1マシンは、ダウンフォースが大幅に向上し、これまでのマシンよりもはるかに高いコーナリングスピードを有する。F1ドライバーはこのマシンを乗りこなすために、より強い肉体を手にしなければならない。

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、体力を強化するため、クロスフィットトレーニングを取り入れている。彼は、これまでこれほどハードにトレーニングをしたことはないと認める。

「2017年には、F1が一歩前進する」

 そうサインツJr.は語る。

「新しいマシンは、ドライブするのが肉体的にはずっと難しくなると考えられている。我々ドライバーは、それに応えなければならない。2016年の体力では、2017年には十分ではない。非常に厳しい1年になるだろう」

「間違いなく、この冬はデビュー以来最も厳しい冬だったと思う。3月の最初のレースまでには、F1デビュー以来、そして僕の人生でなったことのないような、理想的な肉体にする予定だ」

「僕は今年、クロスフィットトレーニングに出会った。しかし、僕がやっているのはクロスフィット以上のモノなんだ。なぜなら、最後にはF1でレースを戦っている状態にするから。つまり、心拍数を180〜190に上げ、それを1.5〜2時間キープするんだ」

 そう説明するサインツJr.は、カートもまた、必要不可欠なトレーニングの一部であると言う。彼は特別なヘルメットを使い、コーナーでの横Gを人為的に増加させるよう、2kgの重りが取り付けられているという。

 サインツJr.は現在22歳。彼はその年齢が優位性を発揮すると考えている一方、かつて強大なダウンフォースを発生していたF1マシンをドライブしたことがあると言う他のドライバー経験も、優位性を与えるだろうと考えている。

「21〜22歳が身体的にはピークにあると思うので、それがアドバンテージになると思う」

 そうサインツJr.は語る。

「でも(ルイス)ハミルトン、(フェルナンド)アロンソ、(キミ)ライコネンといったベテランたちは、2005〜2007年頃の、強力なGフォースを経験しているからね」

【関連ニュース】

【F1】「数年前の”恐ろしい”外観にはならない」チーム代表らが断言

【F1】ウェーバー「今年のマシンは確実に速くなる。見た目も良い」

【F1分析】5秒速い2017年F1。ブレーキへの負荷も25%アップ?

【F1】ペレス、メキシコでトランプ大統領の政策反対イベントに参加

【F1】シーズン開幕間近! 新車発表&スケジュールを総まとめ

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン , トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース