【F1】サインツJr.、"80g"の超軽量シューズで母国レースに出場

サインツJr.は、アルパインスターズが開発した80gのシューズを履いて、スペインGPに出場することになった。

【F1】サインツJr.、"80g"の超軽量シューズで母国レースに出場
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso STR12
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso Alpinestars boot

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、アルパインスターズが開発した重さ80gのシューズを初めて履くドライバーとなった。

 今年は各チームがマシンの軽量化に励む中、ひときわ人々の注目をを集めたのが、ドライバーのレーシングウェアである。

 今年の初めに、BELL(ベル/ヘルメットメーカー)は従来よりも100g軽くなったヘルメットを導入した。そして今度は、アルパインスターズ(レーシングスーツメーカー)が軽量化したレーシングシューズを持ち込んだ。

 サインツJr.は、今週末の母国レースであるスペインGPで、この軽量化されたシューズを使用する最初のドライバーとなった。

 アルパインスターズの"SUPERMONO"というラインは2005年に導入され、その重さは125gだった。2014年には改良され、重量は100gとなった。今回はさらに20g軽量化し、80gのシューズが誕生した。

 この新しいSUPERMONO"は、FIAの厳しい耐火条件を遵守しており、さらには軽量化のために、靴紐を必要としないユニークな構造になっている。

【関連ニュース】

【F1】スペインGP FP2:ハミルトンが首位。メルセデス再び1−2

【F1】自信深めたレッドブル。リカルド「あと少しでフェラーリに…」

【F1】ハミルトン「メルセデスとフェラーリは、未だ0.1秒以内にいる」

【F1】フェラーリ「メルセデスには脱帽。ライバルたちから学んでいく」

【F1】メルセデスとの差は0.3秒? 「笑いそうになった」とサインツJr.

シェア
コメント
【F1】ホンダ長谷川氏「エンジンの底に穴が開き、オイルが抜けた」

前の記事

【F1】ホンダ長谷川氏「エンジンの底に穴が開き、オイルが抜けた」

次の記事

【F1】マッサ「勝ち続けなければ、ボッタスはNo.2になってしまう」

【F1】マッサ「勝ち続けなければ、ボッタスはNo.2になってしまう」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント スペインGP
ロケーション サーキット・デ・カタルニア
ドライバー カルロス サインツ Jr.
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble