【F1】ザウバー、”ギヤボックス”がホンダとの契約解消理由だと認める

ザウバーのバスール代表は、ギヤボックスを入手できない可能性があったことが、ホンダとの契約を解除した最大の理由だったと公に認めた。

 ザウバーのチーム代表であるフレデリック・バスールは、ホンダとの契約を解消したことについて、マクラーレンとホンダのパートナーシップに対する懸念が最大の理由だったと認めた。

 マクラーレンは現在、ホンダとのパートナーシップを継続するか、それとも他のサプライヤーに切り替えることを決断するのか、検討している最中だと言われている。もしパートナーを変更する場合は、ルノーが唯一の現実的な選択肢である。しかし、ルノーはすでに3チームにパワーユニットを供給しているため、その可能性も低いのではないかと見る向きもある。

 ザウバーとホンダは当初、2018年のパワーユニット供給契約を締結していた。しかし、ザウバーのチーム代表がモニシャ・カルテンボーンからバスールに変わったタイミングでこの契約は破棄され、ザウバーはフェラーリとの関係を継続することを決めた。

 マクラーレンとホンダの契約の一部には、ザウバーにギヤボックスを供給することが含まれていた。しかしバスールは、マクラーレンとホンダの関係の不確実性を考慮し、再調整を検討したと言う。

「現在のホンダには、信頼性は性能に関する問題が残っている。しかし、彼らがいつか戻ってくることは分かっている。我々にとって最大の関心事は、ギヤボックスを確保できない可能性があるということだった」

 バスールはF1の公式サイトでそう語った。

「我々は、ギヤボックスを作るためのリソースを社内に持っていない。だから、誰かと契約しなければならないことは分かっていた」

「ホンダと仕事する上では、マクラーレンから供給を受けることができるようになっていた。しかし、マクラーレンがホンダとの関係を続けることに、自信を持てなかった」

「それは奇妙な状況を生み出す可能性があった。マクラーレンはホンダエンジン用のギヤボックスを提供し、マクラーレンは違うエンジンを使うのだ」

「このようなシナリオには、私は絶対的な自信を持つことができなかった。だからホンダとの契約を”再調整”することは、ザウバーにとって最大の課題のひとつだった」

 カルテンボーンからチーム代表の職を引き継いだ後、エンジンの状況を整理することは、バスールのチーム代表としての最初の仕事だった。バスールは、決定の遅れが、2018年用マシンの開発に与える影響を最小限にしたかったと語る。

「ザウバーは、私が決定を下す前に2018年マシンのデザインを開始していた。それが急いだ理由だった。断念したプロジェクトに、貴重な資金を投じないように」

「デザインはすでに進んでいた。しかし工場が(夏季に)閉鎖されてしまうので、すぐに正しい決断を下さなければならなかった」

 現在、ザウバーはコンストラクターズランキング10位である。バスールはシーズン終了までにマクラーレンを抜き、ランキング9位になるのは難しいと認める。

「私は非常に正直な人間だ。ランキング9位に上がるのは、非常に難しいだろう」

 そうバスールは言った。

「マクラーレンは現在9位だ。そしてマクラーレンには、ザウバーの2倍かそれ以上の数の人材がいる。彼らは我々よりも早く改善できる能力を持っている。そして、すでに彼らは我々よりも速い」

「我々は幾つかの機会に、ポイントを獲得することができた。だから、チャンスが訪れた時、そこにいれるよう、全員にプレッシャーをかけている」

「我々は死に物狂いで働いている。あたかも、チャンピオンを争っているようにね」

【関連ニュース】

ルノー、アロンソ獲得の可能性を語る「批判されるのは避けたい」

トロロッソと”交渉決裂”の噂。真相をホンダ山本モータースポーツ部長に訊く

ザウバー代表、ホンダとのパワーユニット供給契約の白紙化を説明

ザウバー代表「フェラーリのBチームになるつもりはない」

レッドブルに”疑問”を抱き始めたフェルスタッペン親子

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン , ザウバー
記事タイプ 速報ニュース