【F1】ザウバー、フィルミングデーで合同テスト前にシェイクダウン

月曜日にC36を発表したザウバーは、水曜日にバルセロナサーキットで新型マシンC36のフィルミングデーを行なった。

 水曜日ザウバーは、バルセロナサーキットで新型マシンC36のフィルミングデーを行なった。ドライバーはマーカス・エリクソンが務めた。

 月曜日に新車発表を行ったザウバーは、チームの中で最も早く新車をトラックで走らせたことになる。

 また、エリクソンの同僚であるパスカル・ウェーレインは、先月行われたレース・オブ・チャンピオンの一日目でクラッシュして首を負傷したため、現在はドライブすることができない。

 また、ウェーレインは、来週の月曜日に行われるバルセロナの合同テストにも欠席する予定だ。

 以下、フィルミングデーの様子である。

 【関連ニュース】

【F1】ザウバー新車C36の画像をネットで公開

【2017年F1マシン:テクニカルスペック】ザウバーC36

【F1】ザウバーTDザンダー「C36は空力の安定性を重視した」

【F1】ルノー2017年型マシンR.S.17を公開「F1は我々のDNA」

【F1】フォースインディア、2017年型マシンVJM10を発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Sauber F1 C36 filming day
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー マーカス エリクソン , パスカル ウェーレイン
チーム ザウバー
記事タイプ 速報ニュース