【F1】シャシー開発を進めるマクラーレン。「ホンダと意識は同じはず」

マクラーレンは、ライバルと戦うためにはエンジンパワーが必要だと認識しているものの、シャシー開発の手を緩めることにはならないと主張した。

 マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、マクラーレン・ホンダがライバルたちと戦うためには、ホンダ製パワーユニット(PU)のパワーアップが不可欠だと考えているものの、シャシー開発の手を緩めるわけにはいかないと語った。

 ホンダは、スペインGPで仕様をアップグレードしたPUを投入することを目指している。そのPUが届くのを待つ間、マクラーレンもシャシー性能を高めるために積極的な開発プログラムを進めている。

 マクラーレンはロシアGPでの導入を目指し、仕様違いのリヤウイングを含む、新しいパーツをバーレーンで行われたインシーズンテスト最終日で試した。

 マクラーレンは、ホンダがパワー不足を完全に克服するのはほとんど望めないことだと考えているものの、ホンダが最初にしっかりとしたPUを用意するまで、座して待っているだけでは最悪の状況に陥るとブーリエは語った。

 チームがアップデートを続けることがどれだけ大事かと問われると、ブーリエは「まず第1に、レースをすることが我々のDNAだからだ。しかし第2に、もし我々が諦めれば、すべてが崩壊してしまうからだ。我々は崩壊させてしまうわけにはいかない」と答えた。

「我々はシャシーのパフォーマンスに責任を持っているため、優れたシャシーがあること、そしてそれの開発を進めていくことを確実にしていかなければならない」

「それに加えて、少なくとも2年から3年はレギュレーションが安定しているため、今後の準備をする必要がある。だから、現在我々が構築しているプラットフォームは、今後のためでもある」

「我々はプロフェッショナルであり、レースをしている。コンポーネントのひとつが機能していないからといって、レースをただ止めるわけにはいかない」

ホンダの対応

 ホンダのF1総責任者である長谷川祐介は、バーレーンGPの直後に日本に飛び、さくらにあるホンダの研究所でエンジン開発の進捗状況を監督した。

 ブーリエは、数レースは変化が見られないかもしれないが、ホンダは状況を早急に変えなければならないことを認識していると語った。

「もし仮に、彼らがリラックスしているとしたら、それは間違っているだろう」と彼は述べた。

「私は、彼らは何が起きているかについて、非常に意識していると思う」

「文化は違うが、彼らが懸念していることは、ヨーロッパにいる我々と同じだろう。それは、どうすればより速くなるかというレースに関する疑問だけだと私は思う」

「彼らは多くのことを試してきた。彼らは非常に懸命に働いているが、必要なのはそのポテンシャルを解き放つ”鍵”を見つけることだ。彼らは、パフォーマンス不足を打破するために、ダイノ(ベンチテスト)に取り組む必要がある」

【関連ニュース】

【F1】ホンダ、メルセデスにコンサルタント依頼か。外部の助言を求める

【F1】ストラテジーグループ、PU性能均衡のためホンダ救済を計画?

【F1】アロンソ「モナコよりもインディ500の方が良いチャンスになる」

【F1】ザウバー、ホンダとの2018年パワーユニット供給契約間近か?

【F1】ハミルトン「復活したマクラーレンやウイリアムズと戦いたい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース