【F1】”シャドウ”創設者ドン・ニコルズ死去。享年92

1970年代のF1で活躍したコンストラクター”シャドウ”生みの親であるドン・ニコルズが亡くなった。92歳だった。

 Cam-AMやF1で活躍したコンストラクター”シャドウ”を興したドン・ニコルズが亡くなった。92歳だった。 

 ニコルズは1968年にAVS(アドバンスト・ヴィークル・システムズ)を設立し、小径タイヤなど奇抜なマシンを擁して石油会社のUOP社をスポンサーに付けCam-AMに「シャドウ」で参戦。1973年からはF1に、ドン・ニコルズのイニシャルが冠されたマシンDN1(トニー・サウスゲート作)で参戦を開始、1977年にはアラン・ジョーンズの手によってチーム最初で最後の勝利を挙げるも、1980年にはF1活動を終了することになる。

 ニコルズは日本との関係も深い人物である。第二次世界大戦中、ニコルズは米軍の軍人として日本に在駐。その後もしばらく日本にとどまり、1960年代の日本のレース界草創期に大きな役割を果たした。

 スカイラインS54Bは、1964年第2回日本グランプリ用に100台のみホモロゲーション用に生産されたが、その100台分の3連装ウェーバー製サイドドラフトなどパーツを輸入したり、ローラT70などのマシン、エンジンやタイヤ(グッドイヤーやファイアストン)などを輸入した。また、富士スピードウェイの創設にも関与している。

 さらに自身もレーシングドライバーとして、鈴鹿サーキットで行われた第1回、第2回の日本グランプリではR.クラークの名でローラT70を駆り参戦している。

 生前の氏のモータースポーツへの貢献に感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り致します。

【関連ニュース】

片山右京「ヴェンチュリLC92は改めて”美しいクルマ”だと思った」

ウイリアムズFW14B、92年以来初走行。チーム40周年を祝う

鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに歴史的なF1マシン13台が集結!

16年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン土曜日F1デモ走行

 蘇った日本製F1マキF101がモナコを走った日

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , Can-Am , History
記事タイプ 死亡記事