【F1】シャークフィン&Tウイングは今季まで。来季以降は”厳格に制限”

F1ストラテジーグループは、エンジンカバー周りのシャークフィンやTウイングといったデザインを”厳格に制限”するルール変更に合意した。

 F1ストラテジーグループは、現在多くのF1マシンに搭載されているTウイングとシャークフィンを”厳格に制限”するルール変更に合意した。

 2017年、マシンのダウンフォースを増加させることを目的に、F1のレギュレーションが大きく改定された。しかしながらこれにより、エンジンカバー上部に何の制限もない空白のエリアが生まれてしまった。この”抜け穴”を利用してチームはTウイングと呼ばれる小さなウイングをマシンに搭載。エンジンカバー後部のシャークフィンも復活した。

 どちらのデザインも、ファンにとってかなり不評である。また、メルセデスのTウイングが中国GP、バーレーンGPと2イベント続けて破損してしまった。バーレーンGPのフリー走行では、バルテリ・ボッタスのマシンから脱落したTウイングにより、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)のマシンのフロアが大きなダメージを受けてしまうなど、安全性の面でも疑問視されていた。

 4月25日(火)に行われたF1ストラテジーグループの会合後、シャークフィンやTウイングを禁止する今回のルール変更は、FIA世界モータースポーツ評議会で承認されると声明が出された。

 この声明で「エンジンカバー周りのレギュレーションが変更され、Tウイングやシャークフィンを含むエリアのデザインは厳しく制限される」と述べられた。

 世界モータースポーツ評議会で議論される、もうひとつの注目すべき変更は、赤旗でレースが中断された後、スタンディングスタートでレースが再開されるということだ。現在は、レース再開後はセーフティカー先導の後、1列縦隊のローリングスタートでレースが再開されている。

 また、今年のスペインGPから『マシンに掲げられたドライバーの名前とナンバーの可視性を確実にするために、競技規則が厳しく施行される』と宣言されている。

 その他に、今回の会合でピレリは2018年仕様のウエットタイヤのコンパウンドを、旧型のマシンと昨年型の小さいタイヤサイズを使用して開発する許可を得ている。

 ストラテジーグループにはすべてのF1チームが参加しているわけではないが、関与していないメンバーも『スポーツの透明性を向上を目的に、FIAと商業圏保有者が効果的な取り組みを行っているかを確かめるため』、オブザーバーとして会合に招待される。

 今回のストラテジーグループの会合には、F1の新CEOに就任したチェース・キャリーが初めて参加した。

【関連ニュース】

【F1】ハース「廃止する理由はない」Tウイング廃止の動きに反論

【F1】メルセデス、Tウイングの”固定”を強化し、脱落事故再発を防ぐ

【F1】フェルスタッペン、メルセデスの”脱落”Tウイングでマシンにダメージを負う

【F1】美しいF1を取り戻せ! レッドブル代表シャークフィン禁止を提案

【F1】マクラーレン、中国GPにユニークな”楕円形”Tウイングを投入

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース