【F1】ジョビナッツィ、ウェーレイン代役として合同テスト参加決定

シェア
コメント
【F1】ジョビナッツィ、ウェーレイン代役として合同テスト参加決定
Pablo Elizalde
執筆: Pablo Elizalde
2017/02/27 6:22

パスカル・ウェーレインの代役としてバルセロナ合同テストに参加するドライバーは、アントニオ・ジョビナッツィということが明らかになった。

Pascal Wehrlein, Manor Racing
Pascal Wehrlein, Manor Racing on the drivers parade
Antonio Giovinazzi, Ferrari third driver

 ザウバーは、バルセロナ合同テストに参加するドライバーが、パスカル・ウェーレインの代役としてアントニオ・ジョビナッツィに変更されることを発表した。

 2017年よりマノーからザウバーに移籍したウェーレインは、先月の21日に行われたレース・オブ・チャンピオンで大クラッシュした。彼はフェリペ・マッサと対戦中にマシンのコントロールを失ったことでマッサのマシンに接触。その後、ウェーレインのマシンの右フロントがマッサのマシンの左フロントタイヤに乗り上がった勢いで横転し、そのままウォールに激突した。当時ウェーレインは無傷であり、命の別状はないと報道されていた。

 その後、ザウバーはウェーレインが首を負傷して医療検査を受けているということを明らかにし、2月27日よりスタートするバルセロナでのシーズン前テストを欠席することを発表していた。そして、その代役としてジョビナッツィが立てられたことを、ザウバーは正式発表した。

 ザウバーのチーム代表であるモニシャ・カルテンボーンは次のように語った。

「パスカルは、バルセロナで行われる最初のテストでドライブしないことを決定しました。我々は彼の容体を経過観察する次第です」

 それに対し、ウェーレインは「初テストでマシンを運転できないことは残念だが、チームに同行し、バルセロナに赴くつもりだ」とコメントしている。

【関連ニュース】

【F1】ROCで大クラッシュのウェーレイン、最初の合同テスト欠場へ

【ROC】大クラッシュのウェーレイン「マッサのマシンを見すぎた」

【ROC】ウェーレインの国別対抗戦欠場理由は”ドクターストップ”

【F1】ウェーレインのザウバー入りが正式発表

【GP2,F1】ジョビナッツィ、フェラーリのリザーブ起用が決定

次の F1 ニュース
【F1分析】レッドブルRB13ノーズに開いた”謎の穴”。その正体は?

前の記事

【F1分析】レッドブルRB13ノーズに開いた”謎の穴”。その正体は?

次の記事

【2017年F1マシン:テクニカルスペック】ハースVF-17

【2017年F1マシン:テクニカルスペック】ハースVF-17
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー パスカル ウェーレイン , アントニオ ジョビナッツィ
チーム ザウバー
執筆者 Pablo Elizalde
記事タイプ 速報ニュース