【F1】ジョビナッツィ「今はFP1をドライブすることに集中している」

ジョビナッツィは、先週行われたイギリスGPのフリー走行で中国以来初めてレース週末のセッションでドライブした。

 昨シーズンGP2で優勝したアントニオ・ジョビナッツィは、今シーズンよりフェラーリのサードドライバーとして活動している。

 今季の開幕戦オーストラリアGPと第2戦中国GPに、負傷したザウバーのパスカル・ウェーレインの代役として参戦したジョビナッツィは、オーストラリアでは完走し12位でレースを終えた。

 ジョビナッツィは、先週行われたイギリスGPのフリー走行で中国以来初めてレース週末のセッションでドライブした。これはハースのマシンで金曜日のフリー走行に計7回出走する計画のうちの第1回目である。

 ハースは、ジョビナッツィに対しステップアップするためのチャンスを与えているが、もしザウバーが2018年よりフェラーリのパワーユニットの供給を受けるのであれば、別の選択肢として考えることができるだろう。

「もちろん、来年の目標はレースに参戦することだ」

 そうジョビナッツィは語った。

「でも、今は金曜日のフリー走行をドライブすることに集中している」

「世界中でもわずか20シートしかないから、F1に参戦することは難しい。サッカーとは訳が違う。フェラーリと過ごすのは僕にとっての初めてのシーズンになる。本当に良いチームだし、僕はチームに信頼をおいている。彼らは僕のために何ができるのかを理解している」

「今季、彼らから与えられたのは、7回FP1を走行するチャンスだ。来年、何が起きるのかはやってみないとわからない。でも、なんでも起こり得ると思うんだ。僕はシートを獲得できることを願っているよ」

 またジョビナッツィは、将来が決定できるのは2~3ヵ月後の話であると考えているようだ。

「まだ早いんじゃないかな。7月だし」

「正直に言うと、まだ来年について考えたくないんだ。おそらく9月ごろには何かしらわかってくると思う」

自信を取り戻す

 ウエットコンディションの中国GPでジョビナッツィは、開始4周目でクラッシュを喫した。

 ジョビナッツィは中国GPで自信を喪失したと明かしており、それを取り戻すために、できるだけ走行距離を延ばしたいと考えているようだ。

「僕は中国で学んだんだ」

「そして、またクルマに戻ってラップをこなし、自信を取り戻すんだ」

「僕が最後にクラッシュしてから、クルマに乗れていないのは本当に辛いよ。だからクルマに戻って自信を取り戻すことはとても重要だ」

「僕は自分のパフォーマンスに満足している。でも、本当の目標は速く走ることじゃなくて、クルマについて学ぶことだ。またドライブできるチャンスが待ち遠しいよ」

【関連ニュース】

 ハース「ジョビナッツィの走行は、チームの障害にはならない」

ジョビナッツィ上海でのミスを悔やむ「忘れたい週末」

ウェーレイン、中国GPも欠席。ジョビナッツィが続投

ザウバー、急遽デビューのジョビナッツィに「とても驚いた」

6年ぶりのイタリア人ドライバー、ジョビナッツィ「夢が叶う」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース