【F1】スケジュールに変更なし。中国GP決勝は予定通り日曜開催

悪天候への懸念から、中国GPの決勝レースを土曜日に開催する可能性が議論されていたが、結局予定通り日曜日に行うことが決まった。

 F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングが、天候の悪化を理由にスケジュールを変更することを拒否したため、中国GPの決勝は予定通り日曜日に行われることとなった。

 金曜日の上海国際サーキットは、低い雲に覆われたため、メディカルヘリが飛行することができなかった。これは、万一重大な事故が発生した際に、病院まで20分以内に搬送することができないことを意味したため、セッションが開始されることがなかった。結局この日、最も多く走ったドライバーでも、その周回数は8にとどまっている。

 土曜日には一度天候は回復するものとみられているものの、日曜日には再び悪天候に見舞われるとの予報が出ているため、土曜日にレースを行う可能性も含め、スケジュールの変更が議論された。この最終決定は、金曜日の夜に行われるドライバーズ・ブリーフィングで行われる予定だった。

 しかしFIAは、日曜日の天候はそれほど悪くならないと予想している。彼らによれば、雲は金曜日よりも高い位置にあり、風通しも良くなるという。そのため、スケジュール変更の可能性は、速やかに排除されることとなった。

 ホワイティングは、チームマネージャーとドライバーたちに対して、週末のスケジュールは、変更されることなく行われると語った。

 ハースのドライバーであるケビン・マグヌッセンは、次のように語る。

「天気予報によれば、雲は少し高くなるらしい。そして日曜日には、ヘリコプターが着陸できるようだ」

【関連ニュース】

【F1】中国GP決勝は土曜開催の可能性が浮上。日曜の悪天候を懸念

【F1】中国GP FP2:1時間半待ちぼうけ。”霧”のため走行開始できず

【F1】マレーシアGP、今シーズン限りで開催終了が決定

【F1】アロンソ「燃費悪い、パワー&信頼性ないPUがレースを妨げる」

【F1】ベッテル、メルセデスを警戒。雨予報の中国GPは「予測不能」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
記事タイプ 速報ニュース