F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

【F1】ストロール、ギヤボックス交換で5グリッド降格

ウイリアムズのランス・ストロールは、オーストラリアGP予選前にギヤボックス交換を行うため、5グリッド降格のペナルティを下された。

【F1】ストロール、ギヤボックス交換で5グリッド降格
Lance Stroll, Williams FW40
Lance Stroll, Williams FW40
Lance Stroll, Williams FW40
Lance Stroll, Williams FW40
Lance Stroll, Williams

 ウイリアムズのランス・ストロールは、オーストラリアGP予選前にギヤボックス交換を行うため、5グリッド降格のペナルティを下された。

 フリー走行3回目(FP3)終盤、ストロールは、ターン11出口の立ち上がりで、リヤを滑らせたことで右リヤタイヤをウォールにヒットさせた。

 チームからの報告によると、ストロールのマシンは、フロントウイングとフロントサスペンション、またギヤボックスの損傷が確認されているようだ。

 ウイリアムズは、ストロールのマシンを修復するために、ギヤボックス交換を予選の前に行うことを決断した。

 F1の競技規則によれば、ドライバーはギヤボックスを連続で6レース使用することを義務付けられている。

 今回の出来事は開幕戦のフリー走行後のことであるが、フリー走行と予選、決勝全てのレースで適応されるため、規則に抵触することになる。

 該当の競技規則は、以下の通りである。

 23.6条a項「各ドライバーは、自身のチームが参加する6つの連続する競技会に1つのギヤボックスのみ使用できる。交換されたギヤボックスを使用する場合、当該ドライバーは、実施された交換1回につき、その 競技会のスターティンググリッド位置を5つ下げられる。 一切の交換後ギヤボックスは、当該競技会の残りの部分を完了することのみが求められる」

※JAF F1競技規則書より抜粋

【関連ニュース】

【F1】オーストラリアGP FP3:跳ね馬首位。0.4秒差でメルセデスを下す

【F1分析】開幕戦FP2:好調なメルセデス。台風の目はトロロッソ?

【F1】ホンダ長谷川氏「燃焼効率を上げた改良型PUの完成は2カ月後」

【F1】ザウバー、ウェーレインの欠場を決定「体力面に不安」

【F1コメントライブ】F1オーストラリアGP予選は25日15時スタート!

シェア
コメント
【F1】FIA、中国GP後にDRSゾーンの拡大を検討か

前の記事

【F1】FIA、中国GP後にDRSゾーンの拡大を検討か

次の記事

【F1】オーストラリアGP FP3:跳ね馬首位。0.4秒差でメルセデスを下す

【F1】オーストラリアGP FP3:跳ね馬首位。0.4秒差でメルセデスを下す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストラリアGP
ロケーション アルバートパーク・サーキット
ドライバー ランス ストロール
チーム ウイリアムズ
執筆者 Jonathan Noble