【F1】スペイン人女性ドライバー、ルノーのアカデミー加入へ

ルノーは、スペイン人のマルタ・ガルシアがルノー・スポール・アカデミーに加入することを発表した。

【F1】スペイン人女性ドライバー、ルノーのアカデミー加入へ
Marta García
Marta García
Christian Lundgaard
Christian Lundgaard

 スペイン人女性ドライバー、マルタ・ガルシアは、今年からルノー・スポール・アカデミーに参加することが決まった。

 16歳のガルシアは、2015年にカートのCIK-FIAシリーズで勝者となり、同年にはイタリアのトロフェオ・デッレ・インダストリー(Trofeo delle Industrie)のKFJクラスでもタイトルを獲得した。さらにCIK-FIAのヨーロッパ選手権にも出場し、4位でシーズンを終えた。昨年はヨーロッパ選手権のOKクラスにも出場し、ランキング4位だった。

 昨年、彼女はスペインのF4にスポット参戦し、シングルシーターのレースデビューを果たした。そして今年は、同シリーズにフル参戦することが決まった。

 またデンマーク人の16歳、クリスチャン・ルンゴーもこのアカデミーへの加入が決定した。彼は北ヨーロッパSMP F4シリーズに出場するという。

 ルノーのシリル・アビテブールは、「マルタとクリスチャンをルノー・スポール・アカデミーに迎えることができて嬉しい」と話した。

「マルタとクリスチャンは、カートのドライバーの中でも、最もエキサイティングな才能を見せていた」

「他のアカデミーのメンバーと同様に、素晴らしい成績やポテンシャルによって、彼らは(アカデミーのメンバーに)選ばれた」

「ルノー・スポール・レーシングは彼らの才能を伸ばすことを約束する。ふたりに大いに期待して、今後の進歩を見ていくつもりだ」

 このルノーのプログラムは今年で2年目だが、今回ガルシアとルンゴーが加入したことで、アカデミーのメンバーは6人となった。

 GP3に出場するジャック・エイトケン、カートに出場していた中国人のスン・ユー・ヤンが今年もアカデミーに参加し、イギリスF4でチャンピオンとなったマックス・ヒュートレル、SMP F4シリーズ参戦するヤルノ・オプメールが新たに加入することが発表された。

【関連ニュース】

【F4】マルタ・ガルシアは最もF1に近い女性ドライバーか?

【F1】ザウバー、タチアナ・カルデロンを開発ドライバーとして起用

【F4】フォースインディアをピンクにしたBWT、独F4で女性有望株を支援

元WRC年間2位の女性ドライバーが語る。「男女差は最高速度で起きる」

【F1】「ルノーは今年中に4番手チームになる」ドライバーふたりが自信

シェア
コメント
【F1】ハース代表、マシンの速さに自信「信頼性は後から得られる」

前の記事

【F1】ハース代表、マシンの速さに自信「信頼性は後から得られる」

次の記事

【F1】安価でシンプルなエンジンへ。”パワーユニット”廃止で大筋合意

【F1】安価でシンプルなエンジンへ。”パワーユニット”廃止で大筋合意
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー Marta Garcia , クリスチャン ルンガー
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Valentin Khorounzhiy