【F1】スペインGP FP1詳報:メルセデス1-2。フェラーリは1秒遅れ

F1第5戦スペインGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

 F1第5戦スペインGPのフリー走行1回目(FP1)が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

 今回からF1はヨーロッパラウンドに突入する。ほとんどのチームが大掛かりなアップデートを持ち込んでいるため、これまでの勢力図が変化する可能性もある。会場のカタロニア・サーキットは気温19度、路面温度24度の快晴という好天に恵まれた。

 グリーンシグナルの点灯とともに1時間30分間のセッションがスタート。まずフェラーリのキミ・ライコネンがコースイン。今回持ち込んだパーツの評価を行うべく、多くのドライバーがライコネンに続いた。セッション開始当初は、全てのドライバーがハードタイヤを装着した。

 セッション開始から13分後、他の全ドライバーがピットアウトしラップを重ねる中、コースインするマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。これまでレースを完走できていない彼はパワーユニットの信頼性向上に期待を寄せていたが、いきなりトラブルに見舞われることになる。

 ターン4で白煙を上げながらハーフスピンしたアロンソは、コース外で停車。「エンジンブローした」とチーム無線で訴え、苛立った様子でマシンから降りた。マシンは暫し白煙をあげ、パワーユニット下のフロアからはオイルと思われる液体が漏れていた。結局マシンは、ホイールローダーに釣り上げられながら移動されたが、その間もおびただしい量の液体がマシンから滴り落ちた。

 セッション開始から25分後、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは最終コーナーの立ち上がりでギヤボックスのトラブルを訴える。ベッテルは惰性でストレートを走っていき、ピットレーン出口でマシンをストップさせた。このマシンをピットクルー達がガレージへ戻し、そのまま作業に入った。

 セッション開始から30分経過後、メルセデスがアタックラップに突入。まずはハミルトンが1分24秒180をマークし、それを僚友のバルテリ・ボッタスが0.023秒上回りトップタイムとなった。

 その後、ライコネンが1分24秒366で3番手タイム、4番手はレッドブルのダニエル・リカルドが1分25秒019で続いた。

 セッション残り50分を前に、ハミルトンが1分23秒531のトップタイムを更新して、一旦全車がピットイン。ここで全てのドライバーがミディアムタイヤに履き替えた。早めにピットアウトしたウイリアムズのふたりが、しばらくコース独占。早速のロングランを行う。

 セッション残り40分でハース勢やレッドブルのマックス・フェルスタッペンがコースイン。ミディアムタイヤに履き替えたフェルスタッペンは、1分22秒705をマークしトップに立った。それを合図にメルセデスのふたりもコースインする。

 その間にマシンの修繕を終えたベッテルがコースインし、1分22秒600をマークする。フェルスタッペンを上回ることができたが、メルセデスのふたりがそれを上回り、ハミルトンが1分21秒521をマークし最速記録を塗り替えた。

 セッション残り20分間は、誰もタイムを更新することは行うことはなく、それぞれのプログラムに専念した。

 セッション残り7分のところで、ハースのケビン・マグヌッセンがターン3を曲がり切ることができずコースオフ。グラベルでマシンを停車させた。そのせいでバーチャルセーフティカー(VSC)が発動された。

 セッション残り1分のところでVSCが解除され、各車最後の1周を行うことができたが、ここでタイムを更新するドライバーはいなかった。

 結局、ハミルトンが首位でセッションが終了した。2番手にボッタスが入ったためメルセデスが1-2位を占めた。3番手ライコネン、4番手ベッテルのフェラーリ勢は、途中マシントラブルを抱えたせいか、メルセデスに約1秒つけられている。フェルスタッペンはベッテルの0.1秒差で5番手に位置している。

 5番手以降は、リカルド、マグヌッセン、ロマン・グロージャン(ハース)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、カルロス・サインツJr.(トロロッソ)が続いた。

 フリー走行2回目は、この後日本時間21時よりスタートする。

【関連ニュース】

【F1】スペインGP FP1速報:ハミルトンが首位。アロンソはPUトラブル

【F1】アロンソ「9-10月中にチームに残留するかどうか決断を下す」

【F1】メルセデス、スペインGPに大規模なアップデートを投入

【F1】レッドブル新パーツ投入も、リカルド「期待しすぎないように」

【F1スペインGP】ファン満足度向上のため参加型イベントを実施

F1 2017 スペインGP フリー走行1回目 タイム結果

ClaドライバーChassisエンジンLaps時間ギャップインターバルkm/h
1 44 united_kingdom  ルイス ハミルトン  Mercedes Mercedes 28 1'21.521     205.566
2 77 finland  バルテリ ボッタス  Mercedes Mercedes 30 1'21.550 0.029 0.029 205.493
3 7 finland  キミ ライコネン  Ferrari Ferrari 24 1'22.456 0.935 0.906 203.235
4 5 germany  セバスチャン ベッテル  Ferrari Ferrari 23 1'22.600 1.079 0.144 202.881
5 33 netherlands  マックス フェルスタッペン Red Bull TAG 22 1'22.706 1.185 0.106 202.621
6 3 australia  ダニエル リカルド  Red Bull TAG 17 1'23.084 1.563 0.378 201.699
7 20 denmark  ケビン マグヌッセン  Haas Ferrari 22 1'23.670 2.149 0.586 200.286
8 8 france  ロマン グロージャン  Haas Ferrari 23 1'23.758 2.237 0.088 200.076
9 27 germany  ニコ ヒュルケンベルグ  Renault Renault 24 1'23.993 2.472 0.235 199.516
10 55 spain  カルロス サインツ Jr.  Toro Rosso Renault 21 1'24.004 2.483 0.011 199.490
11 11 mexico  セルジオ ペレス  Force India Mercedes 23 1'24.188 2.667 0.184 199.054
12 31 france  エステバン オコン  Force India Mercedes 22 1'24.324 2.803 0.136 198.733
13 2 belgium  ストフェル バンドーン  McLaren Honda 24 1'24.400 2.879 0.076 198.554
14 19 brazil  フェリペ マッサ  Williams Mercedes 34 1'24.618 3.097 0.218 198.042
15 26 russia  ダニール クビアト  Toro Rosso Renault 18 1'24.642 3.121 0.024 197.986
16 9 sweden  マーカス エリクソン  Sauber Ferrari 23 1'24.966 3.445 0.324 197.231
17 94 germany  パスカル ウェーレイン  Sauber Ferrari 24 1'25.182 3.661 0.216 196.731
18 18 canada  ランス ストロール  Williams Mercedes 34 1'25.919 4.398 0.737 195.044
19 46 russia  Sergey Sirotkin  Renault Renault 10 1'26.293 4.772 0.374 194.198
20 14 spain  フェルナンド アロンソ  McLaren Honda 1        
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サブイベント Friday practice 1
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ フリー走行レポート