【F1】スメドレー「どんな役職であってもウイリアムズを成長させたい」

昨年末、ウイリアムズのロブ・スメドレーは役職変更すると噂されていたが、今季も引き続きパフォーマンス・エンジニアの役割を担う。

 昨年ロブ・スメドレーは、ウイリアムズのパフォーマンス・エンジニアとしてすべてのグランプリに参加し、ウイリアムズのマシンの走行に対して責任を負っていた。2017年、彼は引き続きその役割を担うことになっている。

 スメドレーは、昨年のコンストラクターズチャンピオンシップで5位となったウイリアムズがさらに上位にいくためには、先々の計画を立てることに注力する必要があると明かした。

「2017年も私はデザイン部門とエアロ部門の橋渡しを担当することになる」と彼はAutosportに語った。

「しかし、私は短期的にマシンが走行できていることを確認し、コース上で最大限のパフォーマンスを発揮させることだけを考えて働いているわけではない」

「中長期的もしくはより長期的な開発の具合もチェックしている。常に同じレベルで働くのではなく、より高性能なマシンを作成するためにも、先々のことにフォーカスすることが重要だ」

「それが私が担っている重要な仕事だ」

 昨年末にスメドレーが「今後はもっとファクトリーで過ごす時間が増えるだろう」と示唆しており、彼のポジションは変更されるのではないかという噂が流れていたが、スメドレーはウイリアムズの技術部門の人事変更が起きたことで、計画は流動的になっていると認めた。

 先月、メルセデスを離脱したパディ・ロウが、ウイリアムズの最高技術責任者だったパッド・シモンズのポジションを引き継ぐ可能性が高いと見られている。

 スメドレーに対し、サーキットとファクトリーそれぞれで働く割合について訊くと彼は次のように語った。

「今は完全に定義されていない」

「それはウイリアムズの内部が混乱しているからではない。我々はウイリアムズの構造がどうすればベストな形になるのか検討し、チーム全員の才能を最大限に活かす方法を見出そうとしているからだ」

「新たなマシンが発表された時には明らかになっているだろう」

「私はウイリアムズに所属し、ウイリアムズで働いていることに対して情熱を持っている。それは子どもの頃からの夢だった。ウイリアムズの改革期にこの仕事に携わることができて幸せだよ。どんな役割であってもウイリアムズを上位チームに押し上げたいと思っている」

「それを私自身が最後まで見届けることが重要なことだと思っている。私はチームにコミットしている」

「2016年は厳しい年だった。しかし、結果を出すためにこの辛い時期を打破する解決策を探し出し、試行錯誤できる人間がウイリアムズには揃っている」

【関連ニュース】

スメドレー、マッサへの『アロンソの方が速い』指示の真相を激白

シモンズ、ウイリアムズと契約更新せず。ロウ加入への布石か?

ウイリアムズ白幡メカニック「1.92秒にはマッサも驚いていた」

ウイリアムズ、引退のマッサに粋な計らい。ブラジルGPのマシンをプレゼント

スメドレー「無線を規制するなんて馬鹿げている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース