【F1】チャーリー・ホワイティング、ターン2での飛び出しに警告

F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、ターン2でコースアウトした際の注意を促した。

 F1のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、もしターン2で飛び出してスピードバンプを超えてしまった場合、ターン3の入り口ではボラードの左側を走らなくてはならない、と警告した。

 これにより、ターン2で飛び出したドライバーが、後続の邪魔にならないようになるはずだ。

 ホワイティングの忠告には、以下のことが記されていた。

「コース上でターン2を通過できなかったり、ランオフエリアを横切ってスピードバンプを通過したドライバーは、ターン3の入り口でコース左側を走行してトラックに戻らなくてはならない。ドライバーは、トラックを外れた場合、安全に隊列に戻ることに注意しなければならない」

【関連ニュース】

【F1】スペインGP FP2:ハミルトンが首位。メルセデス再び1−2

【F1】FP1のトラブルでアロンソ憤慨。サーキットを離れたとの情報も

【F1】アロンソ「9-10月中にチームに残留するかどうか決断を下す」

【F1】メルセデス、スペインGPに大規模なアップデートを投入

【F1スペインGP】ファン満足度向上のため参加型イベントを実施

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ 速報ニュース