【F1】チーム代表との衝突を弁解するグティエレス。「タイミングが悪くて”情熱”が溢れてしまった」

グティエレスは、ブラジルGPでチーム代表と衝突したのを国際映像に撮られてしまったが、タイミングが悪かっただけだと語った。

 ハースのエステバン・グティエレスは、ブラジルGPのレースを電気系のトラブルでリタイアした。グティエレスは、リタイアした後ピットでグローブを床に叩きつけ、怒っている彼の腕を怪訝な顔をしたチーム代表のギュンター・シュタイナーが掴むという場面を、国際映像が捉えた。

 ハースを今シーズン限りで離脱することが決まっているグティエレスだが、彼は特に誰かに怒っていたというわけではなく、シュタイナーと問題があったわけではないと語った。

「ただ最悪のタイミングだっただけなんだ」とグティエレスはmotorsport.comに語った。

「誰かに怒っていたというわけではなくて、状況に怒っていたんだ。今シーズンよく起こっていたようなことだよ。僕にチャンスがあるときは毎回、何かが壊れてしまうんだ」

「特定の誰かを非難しているのではないんだ。ギュンターは最悪のタイミングで僕に近づいてきたんだ。すべてが爆発してしまった! 少し情熱が溢れてしまったんだ」

「後で、僕らはそのことについて笑いあったよ。それは状況のせいであって、タイミングの問題だったと明確にするのが重要なんだ。アドレナリンで高揚している時があるのは、わかってもらえると思う」

 グティエレスは、ハースでの最後から2番目のレースとなるブラジルGPで、今季初ポイントを取るチャンスがあったにもかかわらず、技術的な問題が起きてしまったことにイライラしたことを認めた。

「あのようなコンディションで、マシンは非常に良かったから楽しかった」と彼は語った。

「すごくトリッキーだったけど、レースが始まってポジションを挽回し始めた。良いペースで前進して、ポイントを獲得する素晴らしいチャンスがあったんだ。そしてそれから、電気系統に問題が発生し始めたんだ」

「良いポジションにいたから、本当に痛かった。ポイントを獲得するチャンスがあって、すごく良いリズムだった。でもその後、僕の手に負えない状況に変わってしまった」

「リタイアしなければならなくなった。実際、ドライブするのが非常に危険な状態だったんだ。スイッチをオン、オフするみたいに、ブレーキング中にパワーが出てしまったんだ」

【関連ニュース】

F1ブラジルGP決勝:”3時間レース”を制したハミルトンが優勝。最終戦に望みを繋ぐ 

マッサ感動の母国最終レース「この日を決して忘れない」

猛追を見せたフェルスタッペン。「タイヤギャンブルは必要だった」

アロンソ「コースはみんなのものだ」とベッテルに警告

ホーナー「フェルスタッペンはセナやシューマッハーみたいだった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット Autódromo José Carlos Pace
ドライバー エステバン グティエレス
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース
タグ gunther steiner