【F1】トラブル続発レッドブル。レース走行距離がまさかの”最下位”に

ここ数レースでトラブルが続発しているレッドブルは、今シーズンのレース走行距離で最下位に転落してしまった。

【F1】トラブル続発レッドブル。レース走行距離がまさかの”最下位”に
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
The car of Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB13 celebrates in parc ferme
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
The car of Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Marshals remove the car of Max Verstappen, Red Bull Racing RB13, from the circuit after he retired, technical issues
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13 retires from the race
The car of race retiree Max Verstappen, Red Bull Racing RB13 is recovered

 アゼルバイジャンGPではダニエル・リカルドが優勝し、チームとしても今季初勝利を挙げたレッドブルだが、そのチームメイトのマックス・フェルスタッペンはここ6レースで4度目のリタイアを喫してしまった。

 レッドブルの問題の深刻さは、フェルスタッペンがレギュラードライバーの中で、レース決勝の走行ラップが最も少ないドライバーであるという事実からもわかる。チームとしてみても、ホンダ製パワーユニットの信頼性に悩まされているマクラーレンよりも少なくなり、レッドブルが最下位になってしまった。

 今季最初の8レースを終え、レッドブルが走行した決勝ラップはわずか685周(上図参照)。これは、マクラーレンのラップ数よりも31周少ない。逆に走行ラップが多いのは、フォースインディア(956周)とメルセデス(946周)の2チームだ。

 レッドブルのリタイアすべてがマシンやパワーユニットのトラブルが原因というわけではない。スペインGPでは、キミ・ライコネン(フェラーリ)とのオープニングラップの1コーナーでの接触により、フェルスタッペンがリタイアとなっている。しかしながら、ここのところ発生しているパワーユニットの問題に、チームは不満を募らせている。

 フリー走行と決勝中に、フェルスタッペンがエンジントラブルに見舞われたアゼルバイジャンGP後、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは次のように語った。

「ふたつのトラブルに関して、マックスに過失は全くなかった。それは油圧が突然失われたために起きた」

「(パワーユニットを供給している)ルノーは”反省会”をし、トラブルの本当の原因を突き止める必要がある」

 ルノーがパフォーマンスだけを重視した結果、トラブルが起きたのかと問われたホーナーは「正直言ってわからない」と答えた。

「ご存じのように、我々がモントリオールで見舞われた問題は、パフォーマンス向上とは関係がない」

「現場やファクトリーで一生懸命取り組んでいる人々を非難するわけにはいかない。そしてレースチームとしては、常にパフォーマンスと信頼性を求めるものだ」

【関連ニュース】

フェルスタッペン、地元メディアで本音「バクーでは失望した」

フェルスタッペン、PUアップデートの遅れを懸念

ルノー、信頼性確保のためPUアップグレード計画を後ろ倒し

カナダGPで2番手からリタイアに落胆するフェルスタッペン「今季は”ゴミ”」

モナコGPの戦略に納得できないフェルスタッペン「もう何も考えない」

シェア
コメント
【F1】ハミルトン「ベッテルとフェラーリはプレッシャーを感じている」

前の記事

【F1】ハミルトン「ベッテルとフェラーリはプレッシャーを感じている」

次の記事

【F1】ホンダ「次戦、2基のスペック3投入」明言。信頼性の進歩に安堵

【F1】ホンダ「次戦、2基のスペック3投入」明言。信頼性の進歩に安堵
コメントを読み込む