F1
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
イベント 進行中 . . .
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
19 9月
-
22 9月
イベント 進行中 . . .
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
30 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
37 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
51 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
65 days

【F1】トロロッソ代表「メルセデスのPU開発は凍結しておくべき」

シェア
コメント
【F1】トロロッソ代表「メルセデスのPU開発は凍結しておくべき」
執筆:
2017/02/10 1:01

トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、ライバルが追いつくまでメルセデスのパワーユニットの開発を凍結すべきだと語った。

Franz Tost, Scuderia Toro Rosso Team Principal
Toto Wolff, Mercedes AMG F1 Shareholder and Executive Director
Franz Tost, Scuderia Toro Rosso Team Principal
Toto Wolff, Mercedes AMG F1 Shareholder and Executive Director in the FIA Press Conference
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid, Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、他のマニュファクチャラーが追いつくまで、メルセデスのパワーユニットの開発を凍結するべきだと語った。

 メルセデスは、2014年にF1に導入されたV6ターボエンジン&ハイブリッドの”パワーユニット”時代において、フェラーリやルノー、そしてホンダに対して優位に立った。

 エンジンレギュレーションに関するマニュファクチャラーとFIA間の合意の一環として、パワーユニットの性能差を収束させるため、パワーユニットのいくつかの部分は、2017年に向けてすでに開発が凍結されている。

 開発凍結には、MGU-H及びMGU-Kの最小重量や、クランクシャフトの直径などといった特定のパーツの寸法の制限が含まれ、これらの開発はできないことになっている。

 2018年の規制はさらに厳しいものになるだろう。例えば、エネルギー回生システム(ERS)全体の最低重量は、すでに達成できている重量よりも高いレベルに設定されるとみられる。つまり、最もシステム全体が軽かったマニュファクチャラーは、それ以上改善することができなくなるのだ。

 メルセデスのライバルたちは、ここ数年でメルセデスとのギャップを縮めることができたが、未だメルセデスがリードしている。トストは、この状況に何か対策をする必要があると考えており、FIAがメルセデスのエンジン開発を凍結し、ライバルたちが追いついてから完全に開発を凍結すべきだと提案した。

「早晩、パワーユニットの出力が均衡することを願っている。現時点ではそうではないから」とトストは語った。

「フェラーリが何をしているのかわからないが、ルノーが追いつくことを望む。少なくともレッドブル、フェラーリ、そしてメルセデスがタイトルを争うような状況が必要だ」

「パワーユニットの均衡状態が達成されていない場合、FIAはそれ(メルセデス)の開発を凍結する規制を出すべきだ。私ならまずメルセデスの開発を凍結し、他が追いついてから全てを凍結する」

「バッテリーの開発は自由にしておくだろう。バッテリーは未来のために重要なものであり、マニュファクチャラーにとっても大切なものだ」

 また、トストはコスト削減をする必要があると主張し、予算制限の導入を要求している。完璧に予算を管理することなどできないとビッグチームは主張し、予算制限の導入を妨げてきたが、トストは制限を順守できると考えている。

「我々はコストを削減しなければならない」と彼は語った。

「我々はここ数年話し合ってきたが、何も起きなかった。私ならコスト制限を導入する」

「コントロールすることなどできないという人たちがいるが、それはばかげている。トロロッソではすべてのネジの履歴と、どこから来ているのか、どのくらい費用がかかるのかがわかっている」

”アグレッシブ”な目標を設定したメルセデス

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、チームが現行のレギュレーション下でパフォーマンスを最大限に引き出したことを認めた。

 しかし、メルセデスのライバルたちにとっては恐ろしいことに、2017年のレギュレーション変更で、メルセデスはパワーユニットとシャーシの両面で意欲的な開発を目指してきたとウルフは語った。

「このようなレギュレーション変更があると、チャンスとリスクが生まれる」とウルフは語った。

「我々はマシンに関する目標を、アグレッシブに設定した。エンジンについても同様だ」

「それらの目標を達成するために、我々は全力を尽くしている。我々の立てた目標が十分だったのか、それとも他のチームがもっといい仕事をするのか、それは我々にはわからない」

「レギュレーション変更があろうとなかろうと、我々が十分な仕事をしているか、常に懐疑的になる時期だ」

【関連ニュース】

【F1】トロロッソ、1ヶ月間24時間体勢のフル回転でマシン制作へ

【F1】マクラーレンCEO「パーツの”標準化”もコスト削減策の一部」

【F1】FIA会長モズレー「ルール変更がF1を悪くするかも」と危惧

【F1】新経営陣、予算制限の導入を検討。マクラーレンは支持

【F1分析】新規則で増すパワーユニットの負荷。救世主は燃料とオイル!?

次の記事
【F1】ベッテル、ピレリのウェットタイヤテストでクラッシュ喫す

前の記事

【F1】ベッテル、ピレリのウェットタイヤテストでクラッシュ喫す

次の記事

【F1】ペレス、メキシコでトランプ大統領の政策反対イベントに参加

【F1】ペレス、メキシコでトランプ大統領の政策反対イベントに参加
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Lawrence Barretto