【F1】トロロッソ、車検違反の改善を拒否? FIAに呼び出しを受ける

シェア
コメント
【F1】トロロッソ、車検違反の改善を拒否? FIAに呼び出しを受ける
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2017/07/13 23:47

トロロッソは、木曜日の車検で損傷が見つかったホイールテザーの交換を拒否したため、FIAによる呼び出しを受けた。

 イギリスGP木曜日、トロロッソのマシンの車検中にカルロス・サインツJr.のマシンのホイールテザー(クラッシュ時などの際にホイールの脱落を防止するパーツ)が損傷しているのが発見された。当然、チームはこれを交換するように要求されたが、それを拒否したという。

Damaged wheel tether on the car of Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso STR12
繊維が結びつけられている、サインツのマシンのホイールテザー

Photo by: FIA

 FIAは、テザーの損傷によりマシンが危険にさらされていると判断したため、トロロッソはそれを説明するように求められた。

 FIAの技術部門の記録によると、「最初の車検の際、カーナンバー55のマシンのホイールテザーに損傷があるのが発見された。検査員はスクーデリア・トロロッソチームにこれを知らせ、チームにこれの交換を要求した」とある。

「チームは検査員の指示に従わなかったため、技術代表自らが検査した結果、テザーの損傷だけでなく、切れた繊維が結びつけられているのを発見した」

「したがって、チームはテザーの損傷を認識しており、車検にマシンを安全ではない状態で提示したことになる」

 FIA国際モータースポーツ競技規則の第12条1.1.bではマシンが”不適格”だと認識した上でエントリーすることは禁止されているため、トロロッソはこれに違反していることになる。

【関連ニュース】

アロンソ、イギリスGPで”スペック3”PU使用もペナルティ不可避

イギリスGPで初テストの”シールド”。性急な導入決定には警戒感

イギリスGPタイヤ選択:攻撃的フェラーリと、保守的メルセデス

F1、新規制の導入前にゲーマーたちで事前テストすることを検討中か

ルノー、クビサのF1復帰否定せず「段階的に物事を進めるつもりだ」

次の F1 ニュース
【F1】ザウバー新代表のバスール、ホンダPUへの”対処”が最初の仕事?

前の記事

【F1】ザウバー新代表のバスール、ホンダPUへの”対処”が最初の仕事?

次の記事

【F1】ベッテル、金曜FPで”シールド”をテスト「実際には初めて見る」

【F1】ベッテル、金曜FPで”シールド”をテスト「実際には初めて見る」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ロケーション シルバーストン
チーム トロロッソ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース