【F1】トロロッソ、問題解決に自信「中堅グループでトップになれる」

合同テストではPUトラブルに見舞われたトロロッソだが、問題を解決し、トップチームに次ぐ位置につけると考えている。

 トロロッソは、テストで起きたルノー製パワーユニットの問題を解決し、中堅グループの中でトップを走れるだろうと自信を持っている。

 バルセロナで行われた1回目の合同テストでは、新設計のルノー製パワーユニットの信頼性に課題を抱えたトロロッソだが、同チームのカルロス・サインツJr.もダニール・クビアトも、シャシー自体のパフォーマンスには満足しているようだ。

 また問題となっているパワーユニットの信頼性の問題も解決できるだろうと考えており、チーム代表のフランツ・トストは、メルセデス、レッドブル、フェラーリに次ぐ位置につけるだろうと楽観的に捉えている。

「他のチームがどれくらい燃料を積んで走っているのかわからないが、トロロッソは中堅グループの中でトップを走ることができると思っている」

「我々のマシンに関しては、速くて、ドライバーたちもきちんと仕事をこなしていたと思う。もし技術面のこともすべてコントロールできていれば、我々の目標を達成することができるだろう」

 トロロッソでテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、最初の合同テストでいくつかのチームが競争力を発揮していたことから、今シーズンの中堅グループの争いは特に拮抗したものになると考えている。

 最大のライバルはどのチームになりそうかと尋ねたところ、「ハースはかなりその可能性があるし、そうなりそうな様子だった」とキーは話した。

「来週のテストや開幕戦に向けて、どの程度改善してくるのかを考えなければならない。彼らは良い仕事をしていた」

「ルノーもそうだ。彼らとはタイトな戦いになる可能性があるので、どうなるのか見てみよう。彼らは昨年よりもバランスが取れているように見える。またウイリアムズやフォースインディアについては、現時点でコメントをするのは難しい」

 彼はマクラーレンやザウバーに関しては言及していないが、この2チームも重要かと訊くと、こう答えた。

「彼らに無礼な態度を取っているわけではないが、質問の内容は、『どのチームが強そうに見えたか』だったはずだ。現段階ではその2チームについては何も言えない」

「我々と同じで、マクラーレンはテストで問題を抱えていた。彼らは明らかにプログラムを完全に消化できていない。でも、どこのチームもとても速そうだ」

【関連ニュース】

【F1】サインツJr.「PUトラブルは予想していたが、もっと走りたい」

【F1】テスト好調のルノー。パーマー「トップ8入りは嬉しい驚き」

【2017年F1マシン:テクニカルスペック】トロロッソSTR12

【F1】ギャラリー:トロロッソSTR12ディティール

【F1】トロロッソとメルセデスの類似点に、サインツJr.自信を深める

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース