【F1】ナッセ、母国の将来を危惧「ブラジルはF1の歴史の一部だ」

フェリペ・ナッセは、今年はF1にブラジル人がいなくなってしまうのではないかと不安だったと話した。

 昨年までザウバーからF1に参戦していたフェリペ・ナッセは、ブラジルはF1の歴史の一部であり、F1からブラジル人がいなくなることは許されないだろうと語った。

 ブラジルは、エマーソン・フィッティパルディ、ネルソン・ピケ、そしてアイルトン・セナといったチャンピオンを輩出しており、F1の中でも非常に重要な国と言える。

 しかしセナ以来ブラジル人のチャンピオンは誕生しておらず、また2009年のイタリアGPでルーベンス・バリチェロ(当時ブラウンGP)が勝利して以来、ブラジル人ドライバーはレースで勝利を挙げることができていない。

 表彰台に関しては、フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)が2015年のイタリアGPで3位を獲得したのが最後である。そのマッサは昨年引退を表明していたため、今年は1969年以来F1にブラジル人のいないシーズンとなるところであった。しかし昨年のチャンピオンであるニコ・ロズベルグ(当時メルセデス)が突然引退を表明し、それに伴いバルテリ・ボッタスがウイリアムズからメルセデスに移籍したため、マッサは引退を撤回して今年もF1に参戦を続けている。

 昨年限りでF1のシートを失ったブラジル人のナッセは、F1からブラジル人ドライバーがいなくなることは、ブラジルが許さないだろうと話した。

「もちろん、今年の状況は不安だ」とナッセは言う。

「ブラジルはF1の歴史の一部だし、もっと若い世代のことを考えても不安だ。僕たちは、この受け継がれた"遺産"を消してしまってはならない」

「ブラジルは、そうなってしまう可能性に気がついていると思う。僕たちは新しいドライバーが芽を出そうとしているのを見つけることをやめてはいけない」

 現在F2では、セルジオ・セッテ・カマラ(MPモータースポーツ)が唯一のブラジル人ドライバーとして参戦している。またエマーソン・フィッティパルディの孫であるピエトロ・フィッティパルディがフォーミュラV8 3.5に出場している。

 ナッセ自身、2018年にF1に復帰することを熱望しており、それに向けて取り組んでいたという。

 彼は、「僕のマネージャーはそれに関してうまくやっていた」と話した。

「彼は複数のチームと話し合いをしていた」

「そして今は時間の問題だ。それの最後には多くの商業的な重要性があるし、それらのことも考えあわせなければいけない」

 ナッセは、今年もF1に乗っていた時と同様にトレーニングを行なっているといい、シーズン途中からでもレースに出る準備ができていると語った。

「明日からでもF1に乗れる準備ができている」

「以前から計画していたように、3kg近くも無駄のない筋肉をつけた」

 ナッセはフォーミュラE、インディカー、WEC(世界耐久選手権)への参戦や、さらにはデイトナ24時間にも再度参戦したいと考えているが、ザウバーに在籍した2年間の間に、自分が何をできるのかを十分に示せたと考えている。

 昨年ナッセはブラジルGPで9位入賞を果たし、そのおかげでザウバーはマノーを上回り、コンストラクターズランキング10位を獲得した。

「あのポイントがどれだけ価値のあるものだったか、そしてあのポイントのためにどれだけの仕事をしたのか、自分でも分かっている」

「その数字を見て、僕はF1で素晴らしい2年を過ごしたと思っている」

「僕がザウバーにいた時、ザウバーは厳しい状況に直面していた。それはドライバーにとっても、自分の実力を示すことが簡単ではないものだった。でも、そこで手に入るチャンスはすべて掴んできた」

Additional reporting by Khodr Rawi

【関連ニュース】

【F1】エクレストン、”インテルラゴス”の買収を検討中

【F1】マッサのコラム:「パンク以外は、ロシアGPは良い週末だった」

【F1】引退撤回のマッサ、昨年ブラジルGPの”記念”マシンは「僕のモノ」

【フォーミュラE】ブラジルでのFE開催、シーズン4にも実現の可能性

【インディ500】バリチェロ「アロンソは"不測の事態を予測"すべき」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェリペ ナッセ
記事タイプ 速報ニュース