【F1】ニューウェイ「レッドブルは順調。あとはルノーPU次第」

ニューウェイはレッドブルの新型マシンのデザインが固まり、ノーズクラッシュテストに合格したため、あとはルノーの進捗次第だと語る。

 レッドブルのテクニカルチーフであるエイドリアン・ニューウェイは、パワーユニットの性能は2017年F1において重要な要因になると信じている。それは高いダウンフォースによって、ドライバーがアクセルを全開にできる時間が増えるからだという。

 ニューウェイはオートスポーツ・インターナショナル・ショーで次のように語った。

「2017年はパワーが重要になることは間違いないだろう。なぜなら皆総じて高いグリップのマシンを開発してきており、1周あたりの全開率によってタイムが大幅に変わるからだ」

「グリップの増加よりもパワーの方が、タイムへの影響が大きいだろう」

「その点、今のところルノーの進捗は良い方向に進んでいるだろう。2年前は彼らが冬の間にぐずぐずしていたため、我々のパフォーマンスはそれまでのものだった」

「昨年に関しては、彼らはシーズンを通して大きく進歩した。まだレッドブルはメルセデスとフェラーリの後ろにいるが、そのギャップが拡大するというよりも縮小したと思える」

「彼らは今、懸命に働いている。私はこれまでの彼らを知っているが、進捗はかなり良いだろう。いつでも誰にでも言えることだが、我々がわからないのは今ライバルたちが何をしているかだ」

 ニューウェイは2017年用のマシン新型RB13の開発はうまく進んでいると明らかにした。

「ノーズクラッシュテストに合格できたことは嬉しかった。想定よりもかなり早い時期に終えることができた」

「これは本来であればちょっとしたパニックだ。デザインが完成しており、我々は現在、製造工程に着手している」

 またニューウェイはプロジェクトを監督する立場になったことで、他のことに関与する時間が増え、チームが上手く機能するようになったと確信している。

「ここ数年、私は現場から少し離れていた。レッドブルは素晴らしいチームだ。我々の上司であるロブ・マーシャルやピエール・ワシェ、ダン・フォール、ポール・モナハンは素晴らしい能力を持っている。彼らは私に現場から離れ、監督する権限を与えた。そうすることで私に他のことに関わる時間を与えてくれた」

【関連ニュース】

2017年を慎重に捉えるレッドブル「ルノーPUの開発に依存している」

ルノー新型PU、日産との技術提携で第2世代ERSが搭載予定

ルノー「現時点でチーム代表が必ずしも必要だとは思わない」

『友好的かつ貪欲』レッドブルの”キケン”なふたり

激動の2017年F1。各チームのキーパーソンは誰だ?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース