【F1】ネルソン・ピケ「エクレストンの厳しい姿勢がF1を大きくした」

元F1世界チャンピオンのネルソン・ピケは、バーニー・エクレストンがいたからこそ、F1がここまで大きくなることができたと語った。

 ネルソン・ピケは、バーニー・エクレストンがオーナーを務めていたブラバムチームに1979年から1985年まで在籍し、1981年と1983年にはチャンピオンに輝いている(3度目のタイトル獲得は1987年のウイリアムズ時代)。

 86歳になるバーニー・エクレストンは、40年間F1の頂点に君臨していたが、リバティ・メディアのF1買収に伴いCEOの座を降ろされ、代わりにチェイス・キャリーがCEOに就任している。

「私がエクレストンから学んだことのひとつが、透明性を持って物事を処理する方法だ」とピケはmotorsport.comに語った。

「私が彼と契約をしていた時、私はレースで結果を出せなければ、マシンを降ろされるということを知っていた」

「そして今では、彼が正しかったと思っている」

「現在のF1があるのはバーニーのおかげだ。どんな国のどんな会社でも、物事のやり方やまとめ方を知っている賢いマネージャーがいれば、やっていけるんだ」

モータースポーツから”経営”を学んだピケ

 レーサーを引退したピケはその後、GPSを用いた商用車の監視業務を行う会社オートトラック(Autotrac)社を創業している。

 ピケは、彼が会社経営で成功を収めたのは、インディ500やル・マン24時間への参戦も含めたモーターレーシングのキャリアから学んだ教訓によるものだと語った。

「バーニー・エクレストンから(経営について)学んだとは思わない。モータースポーツから学んだんだ。規律とチームワークを持って仕事に取り組む必要があることなどをね」

「そして私は会社の経営で大きな成功を収めた。人間関係を大切にし、目標を持って仕事に取り組んできた」

「私はモータースポーツから学び、自分のビジネスに活かした。20年間レースをした後、40歳から仕事を始めたが、その経験が多くの場面で私を助けてくれた」

【関連ニュース】

F1新経営陣、予算制限の導入を検討。マクラーレンは支持

【F1分析】”エクレストンの時代”を終えた新時代F1の方向性とは?

リバティ・メディア、F1買収完了。エクレストンは”名誉会長”に

ブラウン「”シンプル化”は、『新時代のF1』にとって重要だ」

ロス・ブラウン「人工的ギミックは、F1改善の答えにはならない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Bernie Ecclestone , Nelson Piquet
チーム ブラバム
記事タイプ 速報ニュース