【F1】ハミルトンにフェラーリ移籍の噂!? メルセデスは完全否定

メルセデスのトト・ウルフは、ルイス・ハミルトンがフェラーリに移籍するのではないかとの噂を完全否定した。

 ルイス・ハミルトンは、2018年末までメルセデスとの契約を交わしている。にもかかわらずイギリスGPの週末には、ハミルトンがフェラーリとの長期契約を目指しているとの報道があった。

 メルセデスのエクゼクティブディレクターであるトト・ウルフは、この噂について、ハミルトンやメルセデスとの関係性は”ゼロ”だと主張している。

「フェラーリとルイスの関係について、誰が話したのかは私にはわからない。しかしそれは少なくとも、我々のチームの誰かでもないし、ましてやルイス自身でもない」

 そうウルフは語った。

「ルイスが言ったこと、それはフェラーリのファンだということだ。我々全員がそうであるようにね。そしてフェラーリは、ドライバーなら誰しも一度は加入してみたいと思うチームだ」

「彼は良いポジションにいるし、現時点では最も速いマシンをドライブしている。それはメルセデスだ」

「あと1年半の契約を交わしている。そして我々は今まで、このチームで最高の活力を持っている。外部で語られている話は、私には何の関係もない。ゼロだ」

 ハミルトンは日曜日の夜、6カ月後に何が起きるか分からないと話した際、自身の将来についての憶測を止めるような発言をほとんどしなかった。

「人生について考えれば、今後どんなことが起きるのか分からない」

 そうハミルトンは語った。

「今はドライブすることが大好きだ。でも6カ月後について言えることはほとんどない。僕は常にドライブするのが好きだと思うし、常に”狂ったこと”をするつもりだ。でもそれは、言っているだけのこと。心のすべてを語ることはできない。やがて訪れるクリスマスを、4回目のタイトルを獲って迎えられたらいいと思うけどね」

「新しいタイトルを獲得しても、『今が引退する時だ』ということは決してない」

「僕はいつも、もっと勝ちたいと思っている。何かが僕の中で止めようとしても、まだもっと勝ちたいと言うだろう。しかし今は、4回目のタイトルを獲ることだけに集中している」

【関連ニュース】

フェラーリ会長、アロンソの古巣復帰には『興味なし』と宣告済

レッドブル、フェルスタッペンのフェラーリ移籍を否定

レッドブル、離脱騒動のサインツに警告「育て親の手を噛むな」

サインツJr.、チーム離脱も視野に?「あらゆる機会にオープン」

レッドブル代表、ベッテルとシューマッハーの”近似値”を語る

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース