【F1】ハミルトン「カナダGPで"ユニーク"なアップデートを導入する」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、カナダGPでメルセデスがユニークなアップデートを導入することで、フェラーリを打ち負かせると期待する。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、メルセデスを苦しめている。ベッテルは開幕6戦のうち3勝を挙げ、年間ポイントで2番手のルイス・ハミルトン(ハミルトン)に25ポイント差、コンストラクターズランキングでも2番手のメルセデスに17ポイント差つけている。

 前戦モナコGPでメルセデスは、レースペースが上がらずに苦戦。ハミルトンは7位で終えたのに対し、フェラーリは1−2フィニッシュを果たした。

 ハミルトンは、今週末のカナダGPでもフェラーリが良いパフォーマンスを発揮してくるであろうと予測しているが、メルセデスも新しいパーツを導入することで、勝利のために戦うことができると期待している。

「フェラーリが現時点で最も速いから、次も強敵になるだろう」

「でも僕らも過去のレースで抱えていた問題を解決するため、懸命に取り組んでいる」

「今週末は攻められるんじゃないかな。僕たちはこの週末に期待できるような幾つかのユニークなパーツを持ち込んでいるんだ」

 また、メルセデスがフェラーリに勝利するのに、大掛かりなアップデートが必要になるかどうか訊いたところ、ハミルトンは「僕は知らない」と答えた。

 メルセデスは、モナコで苦戦したあと、徹底的なデータ分析を行ったという。しかしハミルトンは、その解決策が見つかったかどうか確認できるのは、今週末にカナダで走った結果を見てからだと語る。

「僕たちはこのレースに集中していたし、この前のレース(モナコ)の後、僕たちはそのデータを活用して作業した」

「その時点で、解決策を見つけることはできなかった」

「僕たちは確かに分析を行った。進歩できたかどうかは今週末にわかるだろう」

Additional reporting by Jonathan Noble

 【関連ニュース】

メルセデスは弱者!? ウルフ、フェラーリの強さを改めて認める

メルセデス、エディ・ジョーダンの『F1撤退予報』を完全否定

F1新オーナーのリバティ、コンコルド協定に代わる新たなパートナーシップを望む

トト・ウルフとニキ・ラウダ、メルセデスとの契約を2020年まで延長

メルセデス、モナコでのハミルトン苦戦の理由は未だ解明できず

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース