【F1】ハミルトン、フェラーリのタイムには「敵わなかった」と認める

ハミルトンは、予選ではフェラーリに敵わなかったことを認め、決勝でもフェラーリが優勢だと考えている。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、フェラーリはモナコGPの時と同様にトラックに適応し、速さを発揮していたと話した。

 ハミルトンとチームメイトのバルテリ・ボッタスは、予選ではフェラーリ2台に及ばず、2列目からのスタートとなった。フェラーリは土曜日になって速さを見せており、レースでも同様に速さを発揮するのではないかとみられている。

 ハミルトンは、オーバーテイクが難しいとされるこのハンガロリンクで、フェラーリは間違いなくレースを完全に支配することになるだろうと考えている。

「彼らはとても速かった」とハミルトンはフェラーリについて話した。

「明日は彼らにとって有利な状況になると思う」

 タイトで曲がりくねったハンガロリンクのレイアウトはメルセデスよりもフェラーリに適しており、メルセデスにはフェラーリを倒せるポテンシャルがあると考えるのは、見当違いなことだとハミルトンは考えている。

「ポールポジションを獲れるとは思えなかった。今日はフェラーリのタイムには敵わなかった」

「彼らのマシンの方が、ここのトラックには合っているみたいだ。マシンは変な挙動もしていないみたいだし、僕たちよりダンフォースもありそうだ。モナコ同様、彼らはトラックに適応できていた」

 ハミルトンは、予選Q3の最初のアタックでは走行ラインよりもワイドになってしまったが、最後のアタックではなんとかタイムを出した。しかし彼はそれが助けになったとは考えていない。フェラーリに追いつこうとすることは、彼が考えていた以上にハードにマシンをプッシュしなければいけないということだったという。

「マシンを確実に限界までプッシュした時のフィーリングは良いけど、フェラーリのタイムを考えれば、もっとプッシュしないといけないと考えるよね」

「100%の力でマシンをドライブすると、マシンはかなり不安定だった。自分の望んでいないところにマシンが行ってしまう感じがしたんだ」

【関連ニュース】

ハンガリー予選:ベッテル、圧巻ポール。跳ね馬が1列目を独占

ハミルトンのミスを悔やむメルセデス、スタートに逆転を賭ける

ライコネン、痛恨のミスでPPチャンスを”投げ捨てて”しまった

苦難続きのフェルスタッペン「今日の予選5番手には満足」

ウイリアムズ「代役として、ディ・レスタは最高の選択肢だった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース