【F1】ハミルトン「ベッテルは僕のチームメイトになりたくないだろう」

ルイス・ハミルトンは、セバスチャン・ベッテルがメルセデスに加入する可能性は少ないと考えている。

 セバスチャン・ベッテルは、まだフェラーリとの来季の契約を交わしていない。メルセデスもバルテリ・ボッタスとの契約延長を発表しておらず、この事実はメルセデスがベッテルとの契約を締結しようとしているという噂を生んでいる。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、そのような動きは起こらないだろうと主張している。

「彼がここにいる可能性は低いだろう」

 ハミルトンはそう語った。

「僕は、彼が僕のチームメイトになりたいとは思っていないと思う」

「僕は常に、レースをしていたいと思っている。それが誰であったとしても、最高のドライバーを相手にレースをすることは、いつでも素晴らしいことだ」

 ベッテルが移籍して来ないと確信している理由について問うと、ハミルトンは次のように答えた。

「うーん、確かなことを言うよ。僕は、彼が僕のチームメイトになりたくないということを知っているんだ」

「もし彼がここにいたら、彼が今のチームで置かれているようなポジションにはいないだろう」

 ハミルトンは、メルセデスは現時点で非常に良い状況にあるため、ボッタスとの契約を延長しない理由はないと断言している。

「ハンガリーGPはおそらく、チームがどれほど素晴らしい状態にあるのかを示す最高の例のひとつだ。今シーズンに入ってから、僕は自分がしていることを変えていない。チームにはもうひとつ別の新しい要素があるけど、それは機能する」

「首脳陣やチームの何人かが、現状に不満を持っているとは信じていない。だから、彼らがそれを変えようと思っているとは思えないんだ」

 ハミルトンの今季のチームメイトであるボッタスは、来季契約が発表されないことについて、心配していないと繰り返し語る。

「僕にとっては何も変わっていないよ」

 そうボッタスは語る。

「今週末、それについては考えない」

「この数年間、同じような繰り返しだったから、そういう状況には慣れているんだ。同じことだよ。来年について確かなことはまだないけど、明日のフリー走行から、レースのウィークエンドが始まるんだ」

「今週末はドライビングに集中し、最大のモノを引き出すだけだ。だから、そこにプレッシャーはないよ」

【関連ニュース】

メルセデス、ドライバーの”急遽離脱”に備え、代替策を用意

シューマッハー初勝利25周年記念。息子ミックがスパでB194をドライブ

ベッテル、フェラーリとの契約延長は「急がない」と語る

フェラーリ、ライコネンとのドライバー契約延長を発表

マクラーレンCEO「アロンソを失わないために全力を尽くす」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース