【F1】ハミルトン「メルセデスはタイヤの使い方を改善しなければ」

ハミルトンは、開幕戦での敗因について分析し、メルセデスはタイヤの使い方を改善しなければならないと主張した。

 2017年開幕戦オーストラリアGPの決勝をポールポジションスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン。彼は、最初のスティントで2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とのギャップを作ることができなかった。ハミルトンの履いていたウルトラソフトタイヤは、早々にグリップを失い始めたため、当初の作戦よりも早めのピットインを行わなければならなかったという。

 ハミルトンがペースの遅いマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の背後でコースに復帰した後、首位になったベッテルは6周ほどラップを重ねた。それがレースの命運を分け、ベッテルは逆転優勝した。

 レース中、何度かグリップが低いとチーム無線で訴えていたことに対して、ハミルトンは次のように説明した。

「チームはタイヤの情報を報告してほしいと依頼してきた。しかし、事前の作戦にしろ、僕が求められていたレースにしても、必ずしも正解ではなかったと思う」

「そもそも僕たちは、ギャップを埋めるだけのペースがなかった。セバスチャンと対峙したレース序盤で判明したことだ。どのみち、あのままでは勝てなかったと思う」

「僕たちはタイヤの使い方を改めなければいけないと思う。今回のレースで明らかになったのは、僕たちがグリップを失っていたということだ。今後はそれを改善していくために取り組むだけだ」

"もっとうまくやれた"

 今回勝利を逃したことに対し、どのように感じているか訊ねたところ、ハミルトンはそこまで大きな失望感はないと答えた。それは、新しいレギュレーションが導入された今シーズンも、メルセデスが依然として優勝候補であることが分かったからだという。

「ハッピーだとは言えないよ」と彼は言った。

「でも今回のレースは大規模なルール変更があった後のレースだ。その中で僕たちがこのポジションにこれて、勝利のために戦えていたことを加味すれば、自分たちを誇りに思える要素はたくさんあったと思う」

「フェラーリが好調なのは素晴らしいことだ。チーム間での接近戦があるということは、このスポーツにとって良いことだと思う」

「もっとうまくやれたかもしれないと思うことはいくつかある。でもその時の僕は全力を尽くしたんだ。これ以上はない」

 タイヤの使い方以外に、何をすれば”もっとうまくいったのか”を深堀して訊くと、ハミルトンは次のように語った。

「詳しいことを話すことはできないよ。でもたくさんある。僕たちが今後取り組まなければいけない内輪の問題だ」

「たくさんあるよ。どれくらい強くプッシュするとか、バランスをどうとるかとかね。やるべきことがたくさんあるんだ」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

 【F1】オーストラリアGP決勝:跳ね馬復活。ハミルトンに10秒差圧勝

【F1】運も味方にしたベッテル「正真正銘のレースができて楽しかった」

【F1】ハミルトン「早い段階でタイヤ交換するしかなかった」

【F1】メルセデス「フェラーリが勝者に相応しい。戦略ミスではない」

【F1】『グローバルF1ファン意識調査 2017』を全世界で開始

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストラリアGP
サーキット Melbourne Grand Prix Circuit
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース