【F1】ハミルトン、予選スーパーラップは「死ぬ覚悟でやった」

ハミルトンはアゼルバイジャンGP予選でポールポジションを獲得したスーパーラップについて「死ぬ覚悟でやった」と語った。

 昨年初めて行われたアゼルバイジャンでのレースで、予選Q3でクラッシュしたルイス・ハミルトン(メルセデス)。彼は今年のQ3最初のラップでもミスを犯し、再びポールポジションを失ったかのように見えた。

 ハミルトンはレッドブルのダニエル・リカルドがクラッシュしたことにより、2度目のアタックラップを阻止されたが、赤旗中断後にチェッカーフラッグを受けながら素晴らしいラップを決め、チームメイトのバルテリ・ボッタスに0.434秒の大差をつけてF1で66回目のポールポジションを決めた。

 ハミルトンは予選後の記者会見で、「死ぬ覚悟でやるだけだった」と語った。

「もし僕にとって完璧だという時があるなら、これがその時だった」

「予選では、時々絞りだせないことがある。でもそれは完璧なラップだった」

 ハミルトンは、予選Q3最初のアタックラップで、欲張りすぎたことを認めた。彼はターン16でアウト側まで膨らんでしまうまでは、トップに立てそうなペースで走っていたのだ。

「前のラップでは、最終コーナーまでとても良かったんだ。でもちょっと変な話だけど、アタックに入る直前には、僕は『欲張らないように』と思ったんだ。そしてもちろんというか、僕は欲張ってしまい、そしてロックさせてしまった」

 メルセデスは、他のチームよりもタイヤを温めるのに苦労していると考えられていた。そのため、レッドフラッグ解除後、ウォームアップラップが1周しか取れない状況は、彼らにとって非常に厳しいと考えられた。しかし、ハミルトンとボッタスは、しっかりとタイムアップを果たした。

「今週末はずっと、1周で準備を整えることができなかった。しかし、他のマシンはそれができていた。だから、僕は持てる全てを注ぎこまなければならなかった」

 そうハミルトンは語る。

「バルテリが素晴らしいラップを走っていたことは、僕もわかっていた」

「たとえその結果2位だったとしても、それは僕が誇ることができる究極のアタックだった」

 ハミルトン同樣に1周のウォームアップでアタックをせざるをえなかったボッタスは、最後のアタックが完璧ではなかったと認めた。

「クリーンなラップではなかったし、十分なグリップを得ることはできなかった。レッドフラッグの前は大丈夫だったから、最終的にはポールポジションを失うことになってしまい、残念だった。それは、今日の僕の目標だったんだ」

「僕は誇りに思っている。僕らはフリー走行でかなり大きな変更を加えた。最初は迷っていたが、それを変更することができた。明日に向けて、僕らは素晴らしいスタートポジションを得た。そしていい戦いをして、チームのために1-2フィニッシュを獲得する」

【関連ニュース】

ベッテル、決勝に自信「レースではメルセデスに負けていない」

バクー予選:ハミルトンPP獲得。2番手ボッタスに0.4秒差つける

アロンソ、新たに”スペック2”ICEを投入。40グリッド降格

ハミルトン「タイヤコンパウンドが硬すぎる、悪夢のようだ」

アロンソ新型”スペック3”のエンジン投入。その効果を確認

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アゼルバイジャンGP
サーキット バクー市街地
ドライバー ルイス ハミルトン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース