【F1】ハミルトン、”説明できない”問題に苦戦。全力で解明に取り組む

ハミルトンは、ロシアGPでペースが不足していた理由を説明できないと語ったが、次戦スペインGPまでには答えを得ると誓った。

 ロシアGP決勝は、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が素晴らしいパフォーマンスを見せてF1初優勝を決めた一方で、チームメイトのルイス・ハミルトンはマシンバランスの欠如と、マシンのオーバーヒートに苦しみ4位でフィニッシュした。

 ハミルトンはトラブルがどのエリアで起きていたのかは知っているものの、なぜ問題が起きたのかを完全に把握するために今後数日をかけるようだ。

 ボッタスとハミルトンが同じようなセットアップで走行していたにもかかわらず、ハミルトンだけが問題に苦しめられたという事実が、問題をさらに複雑にしている。

「今は説明することができないが、(問題を)完全に理解するために今週いくつかの作業を行う」とハミルトンは語った。

「レースや予選で感じたことについて、僕はいくつか意見やアイデアを持っている。だけど、それを理解するためには多くの作業が必要だろう」

表彰台のチャンスは早々に消えた

 ハミルトンは良いスタートを決めたが、3番手のキミ・ライコネン(フェラーリ)をオーバーテイクするには至らず。ライコンネンに続き4番手を走行していたが、エンジンを冷却する必要があったためにさらにパフォーマンスが悪化した。ハミルトンはレースのかなり早い段階で、表彰台を獲得するチャンスがなくなってしまったと感じたようだ。

「僕は5周目からスローダウンせざるを得なくなり、4番手にとどまった」とハミルトンはレースを振り返った。

「多くのセッティングをいじり、パワーユニットの出力を下げた。僕は温度を下げるために、気筒のひとつを切ってしまった。非常に早い段階で、4位になるだろうと思っていた」

「土曜日から、遅いのが変わらなかった。おそらく、僕は前を走る人たちと同じようなタイムを出せたと思うけど、それが長く続いたかどうか。僕のマシンのセットアップでは、多分無理だっただろう」

「温度の問題で後退した。僕は1周につき0.7秒か、下手したら1秒失っていた」

今、ポイント差は重要じゃない

 ハミルトンはタイトル争いのライバルであるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)にポイント差を13ポイントまで広げられてしまった。

 しかしハミルトンは、今はポイントランキングは関係なく、何が間違っているかを彼とメルセデスが理解することの方がはるかに重要だと語った。

 タイトル争いにおいて、自分のいる位置をどう判断するか問われたハミルトンは「僕は今それを考えていない。大切なことじゃないからだ」と答えた。

「僕たちは今週末持っているはずのスピードがどこに行ってしまったのか、セットアップの何が間違っていたのかを理解し、次のレースでバトルに復帰する必要がある」

「シーズンはまだ先が長い。それにまだランキング2位だから、”世界が終わった”わけではない。もちろん、これまで持っていたペースを取り戻す必要はある」

【関連ニュース】

【F1】ハミルトン36秒遅れの4位「バクー以来の、厳しい週末になった」

【F1】ロシアGP決勝:ベッテルの猛追及ばず、ボッタスがF1初優勝!

【F1】0.6秒差で勝利。ボッタス、F1初勝利は「夢のようだ」

【F1】ラウダ「あのプレッシャーの下で優勝したボッタスには驚いた」

【F1】勝負を分けた第1スティント。ベッテル「ボッタスが速すぎた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース