F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

【F1】ハミルトン「追い抜き減少」の予想が間違っていることを祈る

シェア
コメント
【F1】ハミルトン「追い抜き減少」の予想が間違っていることを祈る
執筆:
2017/02/23 8:58

ルイス・ハミルトンは、エンジニアから「2017年型マシンはオーバーテイクが難しくなる」と聞かされているという。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Marcus Ericsson, Sauber C36
(L to R): Jarno Opmeer, Renault Sport Academy Driver; Max Fewtrell, Renault Sport Academy Driver; Sun Yue Yang, Renault Sport Academy Driver; Jack Aitken, Renault Sport Academy Driver, with the Renault Sport F1 Team RS17
The Sahara Force India F1 VJM10
Williams FW40

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、チームの新車W08の発表に先立ち、BBCのラジオ番組に出演した。その中でハミルトンは、人為的に速度差を生み、オーバーテイクを促進するDRS(ドラッグ・リダクション・システム)を批判した。ハミルトンはこのシステムの導入は、”間違った規則変更だった”と断言する。

「僕のエンジニアは、オーバーテイクがずっと難しくなると言うんだ」

 新レギュレーション下で生み出される、コーナリングスピードが増すと予想されるマシンについて、ハミルトンはそう語る。

「マシンはより大きく、そして幅広くなる。そのため、より多くのダウンフォースを生み、マシン後方の気流も大きく、乱流が生み出されることになるはずだ。そうすると、後ろを走っているクルマは、さらに大きな影響を受けることになる」

「そのエンジニアはとても頭の良い人だけど、彼の予想が間違っていることを本当に願っている。そしてより素晴らしいシーンが展開され、競争が増えることを期待している。そうすれば、僕はその一部になることを、ワクワクして待つことができるだろう」

 オーバーテイクが少ないという問題は、F1では度々議論されてきた。これを解消するために導入されたのが、2011年に登場したDRSだ。DRSは、リヤウイングのフラップを可動部品とし、ダウンフォースを不要とする箇所でこれを作動させて空気抵抗を減らし、最高速を高めようとするデバイスだ。事実、この導入により、オーバーテイクの回数は増えた。

 このDRSについて尋ねられたハミルトンは、次のように答えた。

「DRSは、間違ったルール変更への、一時しのぎのような感じがする」

【関連ニュース】

【F1】メルセデス、2017年用マシンW08のティザー画像を公開

【F1】ボッタス「ハミルトンとはハードだがフェアなバトルをする」

【F1】ハミルトン「今の”音”は残念。轟音もF1の魅力」

【F1】公募で決定! ハミルトンの17年ヘルメット。勝者はブラジル人

【F1】レッドブル、懸念される追い抜き減少に反論「むしろ増えるかも」

【F1分析】5秒速い2017年F1。ブレーキへの負荷も25%アップ?

次の記事
【F1】”トリック・サスペンション”への抗議、開幕戦で巻き起こる?

前の記事

【F1】”トリック・サスペンション”への抗議、開幕戦で巻き起こる?

次の記事

【F1】マクラーレンMCL32発表会、2月24日20時よりWEB中継

【F1】マクラーレンMCL32発表会、2月24日20時よりWEB中継
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Mercedes AMG F1 W08 Hybrid launch
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Charles Bradley