【F1】ハミルトン「”駆け引き”がないボッタスはベストなチームメイト」

ハミルトンは、新チームメイトのボッタスとの関係はすでにこれまででベストだと語り、それは”駆け引き”がないからだと説明した。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、新しいチームメイトであるバルテリ・ボッタスとすでにこれまでの中でベストな関係性を築いており、それはボッタスが駆け引きをしない性格だからだと語った。

 昨年のワールドチャンピオンに輝いたのはメルセデスのニコ・ロズベルグだったが、彼はシーズン終了後に突然引退を発表。ロズベルグの後任として、ウイリアムズから引き抜かれる形でボッタスがチャンピオンチームへと移籍した。

 ハミルトンとロズベルグは過去4年間、メルセデスでチームメイトとして過ごした。最後の3年間は、メルセデスが圧倒的な強さを誇り、タイトル獲得をめぐってチームメイト同士で一騎打ちをしてきた。

 ふたりは、カート時代やジュニアフォーミュラでF1を夢見ていた頃から仲が良かったが、タイトル争いをめぐるプレッシャーやコース上でのクラッシュで関係が悪化してしまった。

 ハミルトンはF1公式サイト上でボッタスについて、次のように語った。

「これまでのところ、バルテリと仕事をしていて好ましいことは、全てがサーキットでやっていることに収まっていて、サーキットの外では何もないことだ」

「駆け引きはなく、完全な透明性がある。僕はそれが好きだ」

「僕はすでに彼と、今までのチームメイトたちよりも良い仕事上の関係を築いていると感じている」

「彼は、チームでの最初の1年でベストを尽くそうとしている。そしてチームに長く留まりたいと考えている。僕は必ず、彼が学べるように多くの情報を提供するつもりだ」

「だから、コースで僕たちは話をしている」

 ボッタスはチームの移籍は”想像以上に大変なチャレンジ”だと認めているが、彼は新チームに溶け込めていると考えている。先週、ハミルトンもボッタスの考えを支持して次のように語った。

「彼のフィードバックはしっかししており、チームと良い働きをしている。彼はいとも簡単にチームと協調し、僕が知っている限り素晴らしい仕事をしている」

”敗北”によってやる気に満ちているハミルトン

 2016年のタイトル争いでロズベルグに敗れたハミルトン。この4年間で初めてチームメイトにシーズン成績で敗れたことになる。

 ハミルトンは3月26日に決勝が行われる開幕戦オーストラリアGPに向けて、目標を『全セッショントップ、ポールポジション、ファステストラップ……そして勝利』だとF1公式サイト上で語った。

 彼は昨シーズンに4度目のチャンピオン獲得を逃したことで、2017年は良い成績を残すことをより強く決意したと付け加えた。

「僕は準備ができている。僕はこれまで以上に熱心に作業しており、やる気に溢れている。昨年も熱心に取り組んではいたが、望んでいたような結果は得られなかった」と彼は語った。

「だから僕は変化を望んだし、成功を収めるためにチームと僕はとても一生懸命取り組んでいる。確かかどうかはわからないけど、ルールが変わってもチャンピオンを維持したチームはこれまでなかったと僕は思う。それが僕たちの大きな目標なんだ」

Additional reporting by Filip Cleeren

【関連ニュース】

【F1】ハッキネン「メルセデスが印象的、フェラーリもなかなかだ」

【F1】ロズベルグ「好調なメルセデスを見ても、引退決断に後悔はない」 

【F1】ボッタス「メルセデスに適応するのは、思っていたより大変」

【F1】ハミルトン「相棒はロズベルグくらいのヤツじゃないと……」

【F1】”親友”ハミルトンに引退を伝えていたロズベルグ「今夜はルイスと語り合えるかも」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン , バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース